2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« メ  ン  テ | トップページ | 新生姜の梅酢漬 »

2008年7月 5日 (土)

林住期

五木寛之のbook「林住期」を読みました。 この本 読みたいなぁ~と思ってたところ、「貸したげよ~~。」という人がいたもんで。 グッド・タイミングですー。 読むのが遅い私も すすす・・・・と読めました。

古代インドでは、 人生をね、4つに分けて「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」とするんだって。 それぞれ25年ずつ。 目次の前の、いっちゃん最初のページに こう書いてあります。

「林住期」とは、社会人としての務めを終えたあと、すべての人が迎える、もっとも輝かしい「第三の人生」のことである。

ふっふっふ。 そーかいそーかい。 も・・・・・・っとも輝かしい時期shine  あ~~~、楽しみや~~。  なにに使おうかなぁ、この25年note  やりたいことは い・・・・・っぱい、なんやけど。  大きく考えたら わずか25年なワケで。

思えば「学生期」は、しばりが多かったよなぁ。 おとなになるため。 自立してないから。 でも、それも必要。 キラキラしてるし。

「家住期」は 責任ずっしり。 なかみがいっぱいつまって充実してたけど。 わき目もふらず・・・・かなあ。 あ、けど、これは私の場合。   

五木さん曰く、 50になったら 家庭から自立する。 仕事も 家族のため生活のため人のためじゃなく、自分が楽しむために。   その時に備えて、蓄える。 たくわえた体力、気力、経験、キャリア、能力、センスなどを土台にして林住期にジャンプするのだそうだ。 そう考えたら、私の場合、まだ蓄えが 足りないなぁ。 仕事も、自分のためだけにする分野じゃないしなぁ。  まあまあ ・・・・・・・ 少しずつ、移行しよう。 少しずつ、考えよう。

ただ、注意しないといけないのは・・・・・ん~~~、 昨日の続きじゃぁないんだけど、 体のメンテナンスかしら。  これは、最近けっこう切実に感じます。  明日の分まで買ってきたコンビニアイスを 今日 2つとも食べたらあかんのや~。 晩酌beerも、 休みをつくらんとなあ。 忙しいのにかこつけて、体動かすことをさぼったら 即 体 重くなるしィ~。 ・・・・・・と、思いながらも やっぱり‘アイスのちまんじゅう、その後ビール’なんてことを続けていくんだろうなぁ。

ま、それは横においときましてthink

やっぱ わくわくnote。 なにで たのしむか?  どんな人たちに会うか?  私という人間が どうかわるか? 

« メ  ン  テ | トップページ | 新生姜の梅酢漬 »

本・映画・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/22091070

この記事へのトラックバック一覧です: 林住期:

« メ  ン  テ | トップページ | 新生姜の梅酢漬 »