« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

復活途上

この2日連続で庭の手入れ。 

ほったらかし・・・・・てもんじゃない。 とんでもないことになっておりまして・・・・・

大きな鉢にツバキを一本立ちにして花咲かそうと思って植えたのに、いつのまにか カイガラムシにやられたらしく、ま・・・・っ茶色に枯れ果てておりました。 可哀そうなことをしました。 

木と木の間という間が 蜘蛛の棲家になっていたようでして、 蜘蛛の糸をまとわずには向こうに行けない。 も~うっとおしいです、この糸。 剪定した木枝を片手に ブンブンふりまわして蜘蛛の巣除去。 蜘蛛たちには申し訳ないのですが。

いくつかの植木鉢。 確かに ここに なにか 植わっていた、はず。 なんだったのか、 思い出そうとつっ立ってると、 蚊ァに刺されてしまいました。 虫よけスプレー、 ぬりたくったのになあ。

楽しみにしていた夏椿。 水やりを忘れたためか、つぼみが途中までふくらんで そのさきしょぼん。 そのまま花が咲きません。 去年は夏椿の花が一段落した後にアガパンサスが咲いたのですが、 今年はもうアガパンサスも終わってしまいました。

とにかく。

10日ほど前に、 この狭くも鬱蒼としたこの場所をなんとかしようと、 じゃまな枝をばちばちと剪定しました。 剪定のしかた? そんな知識ありません。 ただただ私が「じゃまだ。」と思った枝を、ばちばちと。

8 今日 ふと見ると、 ばちばち剪定した藤が、 またまた花を咲かせていました。 もう夏やのに。 びっくりです。 なんちゅう生命力

で、パンジーを抜いたままカスカスだった花壇にマリーゴールドを。 これは強そう。 11月頃まで花が咲くし、まあ手抜き花壇ですな。 白妙菊がまだなんとか生き残ってるもんで、色も綺麗だし。 マリーゴールドが終わったらまたパンジーを植える・・・・・と。

うちの庭、まだまだ復活途上であります。 あと何日ぐらいかかるんやろう? ってか、 庭が復活するまで 夏がいてくれるやろか?    

空 蝉

‘香り’を買う。 

そのためだけに、 先日 四条烏丸へ行きました。 正確には、烏丸仏光寺東入ル。 香彩堂という店です。 ネットで見つけたこのお店。 でも香りを買うのだから、 やっぱ写真だけではわかりません。 実際 香りを 確かめてみなくては

練り香水が欲しくて訪ねたんですが、 何故かその時は その中のどれも もひとつ「これ!」というものにヒットしなくてですねー。 他のシリーズも 全部 試してみました。 手首につけ、ちょっと離して腕につけ、 右手につけ左手につけ、帽子につけ・・・・、 いろいろ試しているうちに、 どの香水が どんな香りなのか、 どれが自分の心にぴったりくるのか、 わからなくなってきました

最初は ほったらかしにしておいてくれた店員さんも、 混乱している様子の私が気になったのか・・・・近づいてきてくださり、 アドバイスを・・・・。 

そんなこんなで最終ノミネート(?)されたのが、 ロールタイプのハーブの香り(各種) と 源氏物語シリーズ。 

ハーブの香りは、爽やかで日常使いするのにいいなあって思ったんです。 値段も手ごろだったし。 でもね、ハーブは家の庭にあるし、 それを摘んだら結構 いい香りが移るもんでね。 今回は、おいときまして。

決勝で勝ち残ったのが、源氏物語シリーズ(宮人水香)‘空蝉’という名の香水。 これは、新しくできたシリーズなのだそう。 今年は 源氏物語千年紀にあたる年だとかで、いろんな企画が京都でなされていますが、これもそれにのっかっているのかなあ。

このシリーズ、 光源氏・明石・若紫・朧月夜・花散里・夕顔・空蝉・玉鬘の8種類。 ‘光源氏’は、濃い濃い濃い香り。 とても今の私には似合いません。 ‘空蝉’は暑い夏に合うフレッシュな感じがしたので、 これに決~めた

空蝉(うつせみ)は、源氏物語の中では人妻です。 夫(紀伊の守)がいない夜に 源氏がゴーインに手を出したんだって。 再度、源氏が空蝉に近づこうとしたとき、 彼女は部屋に着物を一枚残して姿をくらました・・・・という話。 私は、身分違いの人妻です。 あなたの気持ちには答えられません、てなことで。 夫との堅実な生活を選んだとも言える、かな? まー、源氏物語は そんなに詳しくありませんが。 空蝉は どう思ってたんやろか、光源氏のこと。 私なら・・・・・そーやなー、着物一枚と言わず、いっぱいモノを置いていくな、うん。

香水をつけるとね、香りを身にまとえるんやそうですよ。 お店の方に 教えていただきました。 

    

バームクーヘン豚の生姜焼膳

近江八幡の‘たねや’という店で‘バームクーヘン豚の生姜焼膳’というのを食べました。 ‘たねや’は、和菓子屋&お食事処。 で、バームクーヘン豚ってなんやろ?なんやろ?・・・・・とヒジョーに興味をそそられたもんで、迷いなく注文。

この料理、どんなもんやと思います? 私はね、豚肉をバームクーヘンで包んでオーブンで焼くとかなんとかしてあるユニークな創作料理かと・・・・。

ちゃうんですよ  実は、‘たねや’のお向かいにある‘クラブハリエ’は、美味しいバームクーヘンで有名だとか。 切れ端など商品にならなかったバームクーヘンが出ますよね。 それを乾燥させて豚の飼料としてるんだそうです。 つまり、バームクーヘンを食べて育った豚のことを‘バームクーヘン豚’と言うんですねえ。

この御膳、 

  ①日牟礼餅(‘たねや’で売っている)

  ②バームクーヘン豚の生姜焼き

  ③麩のお吸い物(麩も近江八幡の名産)

  ④赤こんにゃくの煮物(赤こんにゃくも近江八幡の名産)

  ⑤赤こんにゃくの白和え

2   ⑥漬物

  ⑦ごはん(近江米かな?)

  ⑧水羊羹(‘たねや’で売っている)

食べてる時は、すさまじい雷雨の真っ最中。 それにここは、太い梁に囲炉裏がきってあるような店。 なので薄暗く、 残念なが4ら‘バームクーヘン豚の生姜焼き膳’の写真も薄暗くなってしまい、 美味しそうに写せなかったのでボツ。 

代わりに、‘たねや’から見た‘クラブハリ エ’を。 わかるかなあ、クラブハリエの建物。 もちろんここまできたんだもの、 バームクーヘンも買いましたー。

水郷めぐりをする頃には、雨も小康状態。 他に客もなく、一艘の船を 友達と二人で貸し切りだー。 ふつうね、貸切で船を出すと一艘につき8000円やで。 あんたら二人で4300円。 とくしたなあ。よかったなあ。 と、何人もの船頭さんに言うてもらい、気分よく乗船。 

アシやヨ3シ・ガマ・カヤなんていう背の高い草の中に作った水路を手漕ぎの船が進んでいきます。 視点が低いので、新鮮な眺めです。 ホテイアオイの花を初めて見ました。 サギが木の橋にじっととまってたり、カイツブリが私たちに気づかず居眠りしてたり。 

櫓が水をきる音が聞こえるほど静かだし、 長袖シャツを着るほど涼しい。  船頭さんの話も 面白いし、 白く光る稲妻も、今日ばかりはグレイの空を飾ってるようで美しい。  

日帰りだったけど、い~い休日Getしました。  

葉っぱの味見

Photo 「にが~~~~。」 (>_<)

アマチャヅルの葉を口に入れて、前歯でしがんでみたときの ひとこと。

しばらく噛んでると ほのかになんとなあ~く甘く感じてきますよー。 薬草に親しむ会の先生が、そう おっしゃったんですが、 いくら噛んでも苦かった

Photo_2「お、これは いけるかも。」 (゜0゜)

これは、酢の木。 酢の木の葉。 のどがカラカラになったときに この葉をしがんでると、つばが出てきて、口の中が少しうるおいます。 すっぱい味。 今日みたいに、 めっちゃ暑い夏には、いいかも。

池ノ谷地蔵尊での薬膳料理は、本日、

 ①マーチージェンユイタン(スベリヒユと白身魚のスープ)

 ②ウコン餅

 ③薬草茶(どくだみ・ウコン・えびすぐさ・ハト麦・もちごめ)

でした。 

雷鳴に追われながらの帰り道は、 暑くて頭痛くなってくるほど。  まあ、でも、ええ運動になりました。  ウコンの苗をもらったので(ジャンケンで勝った)、増やして マイ肝臓にあげま~す。

41℃のドライブ☀

用あって、亀岡まで往復しました 久しぶりの遠出です。

快晴   

1 しかし、あつ(暑)おます。  車内の外気温表示が、じわっじわっと上がっていって、 ついについに41℃という信じられない数字になりました。 TVでは「本日、京都では最高気温37℃」なんて言ってるけど、よくよく考えてみれば、これって百葉箱のなかの温度なんじゃないかと。 私たちが過ごす街中は、直射日光バリバリのアスファルトでは、 40℃こえてる時もあるんだね

老いの坂トンネルを超えると気温も少し下がり、 車内から見る景色は爽快。 こ2んなに見晴らしのいい 広い景色を見るのも 久しぶりです。 なだらかにのびる山々に、 雲の影がぽっかり。 山が青空しょってる。 

夏やなあ

写真は、‘ガレリア亀岡’という名の 道の駅。 なんだか空港っぽいと思わない?

満塁ホームラ~ン、で、花火♪

3_2 5回裏 2死満塁 関本 カウント2-3  ええ場面でしょ?  このええ場面で、関本は満塁ホームラン  中日相手に4点追加で 0-6。 ひょっひょっひょー。 さらに関本は、猛打賞でしたー。 安藤は、完投やし。 

と、待ってましたとばかり、そこへ聞こえてきた打ち上げ花火の豪快な音。 

祝‘阪神タイガースの猛攻撃’っ。  どどーーーん、ぱーーーん 2ってねー。 優勝の前祝いかぁ? 

実は、今日、宝が池で打ち上げ花火があったようで。 

ビール缶左手に、ケータイ右手。 写るかなあと、写真とってみました。

まあまあ写るやん

けど1、花火って、シャッターチャンスがむずかしい。 花火の形が一瞬にして変わるし、 頼りの‘音’は かなりあとから追ってくるし。

夜空を飛行機が飛んでいました。 上空から見下ろした花火は、どんなふうに見えるんやろね。

今晩、 上空から 超・盛り上がりの甲子園ナイターを見下ろしたら、どんなふうに見えたんやろかぁ。 上から見ただけで、阪神が勝ったか負けたかが わかるんかなあ。 

まさかね。 

気合いだー!!とはいえ・・・

暑さがなんだ 暑いと思えばよけいに暑い 心頭滅却すれば火もまた涼し。 気合いだあぁぁーー!!

とはいえ・・・・

や・・・・・・・・っぱ 暑いもんは暑い  あつあつあつあつあつあつ、あっつうぅ~~~って、もうええか

今日は午後から伏見でボランティァ。 アスファルト上を歩いてると、ゆらゆらしてきて頭の中がボワ~~  紫外線対策の手袋とか傘とか帽子とか長袖とか、もーそんなコトどーでもよくなって、とにかく暑い。 いや、熱い。 オーブンの中を歩いたら、きっとこんな具合なんだろう。 しっかり こんがり ええ色に焼けてまっせー。 中も 半熟状態。 クーラー効いた建物に入ったら、 なんだかサウナから出てきた時の気分。 ニッポンサウナ列島や~。

晩御飯は何にしよ。 力のつくもん。 さっぱりしたもん。 

  ・味噌汁(とうふ&なめこ)

  ・牛肉の酢醤油煮

  ・うざく(鰻の酢の物)

  ・長芋短冊

  ・菜っ葉のおひたし

  ・ひじきの梅酢煮

  ・冷やしトマト

あ、それと、私は プラス冷えたビールね。 

いっぱい作ってエライみたいやけど、 これ 結構 手抜きです。 みんな すぐできます。 え? 居酒屋の‘つきだし’オンパレードやって? ま、そうとも言う。 

写真とるのをいっつも忘れてしまってねえ。 次は、写真そえますね。 

おススメは、ひじきの梅酢煮。 小学校の給食で出てきたことがあるんですよ。 もどしたひじきをから煎りしたあと、梅酢で煮るだけ。 最後にちょっと醤油を入れるかな。 食が進みます。 余ったら、 次の日 混ぜご飯にすればいいんだし。

トマトなどの夏野菜は私の大好物  夏野菜は、体の温度を下げる働きをするんだって。 

鰻は、栄養抜群  タンパク質・カルシウムだけじゃなくって、ビタミンA・B1・B2・B12・D・E・亜鉛・カリウム・マグネシウムetc.  夏のダルサ解消には もってこいの食材というわけ。 鰻を食べた時は、あと、ビタミンCを摂ればいい。 おなかいっぱいにならない人・エネルギー消費の多い人は、炭水化物(ご飯とか)も必要。 酢の物にするときは、白焼きを買ってきます。

まーでも‘台所に立つ’のが とにかく暑い  明日はもっと手抜きしよう

   

本日、ローズマリー風呂

本日、ローズマリー風呂

へっへっへー。 ピンボケも はなはだしい写真でしょ。 確かめてもう一枚撮ったらよかったんだけど

これはね、ローズマリーです。 1本です。 ここに引っ越してきたころ、ローズマリーは生垣にできるよ~って教えていただいたもんで、ためしに挿し芽してみたら・・・・・・10年でこんな生垣になりました。 もとはと言えば、コーナンでポット売りしてた苗。 見事に成長したもんだ。 

ちょっと手を抜くと、もう伸び放題に伸びて ゴッホの‘糸杉’みたいになってしまう。 

ぽかぽかした季節には、青紫の小花が咲きます。 春には、テントウムシの幼虫が・・・・。 

生垣ふうに四角く剪定しようと試みてはいるんですが、 ま、こんな感じでして・・・・・・。 うまく刈り込めません。

さきっちょを刈り込んでると、ローズマリーのいい香り。 捨てるのはもったいない。 綿の袋に 生のままどわっと入れて、そのまま浴槽に浮かせます。 料理にも使うローズマリー。 これだけの量をスーパーで買ったら高いよ~~っと思いながら、 いい香りの浴槽につかる。 ゼイタクな気分

肌がね、しっとりします。  ローズマリーは、化粧水にも入ってるらしい。 

いろいろと植え過ぎてジャングルみたいな庭ですが、 ガーデンワークってのは、 やってもやっても飽きません。 ふしぎふしぎ。 

我が子ながら

18歳にして、この春はじめて散髪屋で髪を切ったという我が息子でありますが・・・・、今日は、

「お金をおろしたいんやけどキャッシュカードの使い方がわからん。」

と、のたもうた。 バイトで貯めたお金で パソコンを買うのだそうで・・・。

「今日だけ ついてったげよかあ~?」 

なんと「うん。」と即答。 なら初めから ついてきてほしい と言えよ~。 ま、でも、買物がパソコンだから高額でもあるからだろうけど。 しゃーない。 ついてったげましょかー

で、ついでに、‘ついてきて’コールもないのに家電店へもアッシー君することにした。 彼は、別にいやともなんとも言わないことだしィー。 そのかわり、この店のポイントカード、使ってよね。

どのパソコンを買おうか、彼が店のおにーさん相手に迷ってる間、私は冷蔵庫のビルの間を散策。 あ~~、欲しいなあ、大きい冷蔵庫  今の冷蔵庫を買うとき、 遠慮して(誰に?)小さいのを買った十数年前の選択を後悔してしまう。 今のだと、3日分の食料を入れたらもう満杯。  忙しくなってくると、1週間買いだめできる容量のが欲しい。 何缶かのビールと 牛乳と豆乳と スポーツドリンク2リットルボトルと 水2リットルボトルと ドレッシングと 麺つゆのビンが 同時にいっしょに入る冷蔵庫が欲しい・・・・・と、まあ、いろいろ冷蔵庫の考察(?)をしておりますうちに、息子はパソコンを決定したようでして。

「パソコンの立ち上げと インターネットの設定と ネットのウイルス対策と プリンターの設定、 お金かかってもいいから やってもらえます?」

と言うと、店のおにーさんと息子の二人が同時に沈黙。 え?なに?なんかヘンなこと言うたかしら。 私も そうしたし 当然 今回も、って思ってたんやけど。 念のため息子に「自分で設定してみる?」ときいてみる。 「うん。」やってー。 なんとなんと。 私には そんな パソコン設定を自分でやる、なんて発想は 微塵もカケラもこれっぽっちも。  

なんで そんな しちめんどくさいコトしようと思うのか、 なんで わけわからん説明書を一から読もうと思うのか、 理解不能であります。 なんでも、「こ・れ・が、 おもしろい。」んやそうで。 ふ~ん。 そんなもんなん?

帰宅後、彼は、パソコン&説明書とかかりっきり。

何時間か後、 晩御飯食べながら聞いたら、 なんとなんとなんとなんと もうすべて終わったんやとか。  へーーーー、びっくりやわ。 そんなにすぐにできるもんなんや。

今日はちょっと言わしてもらいます

我が子ながら、 すばらすィ~      

こんど わからんことあったら、 タダで訊けるや~ん

けどな、 ほんなら、 キャッシュカードの使い方も すぐにわかったんちゃうん?

   

夏休み、かつ三連休。

夏休みで学校の仕事もなくなったし、そんななかの三連休なんて意味ないや~ン。 と、思ってた私ですが、なんの、やっぱ違うんですなあ、ビミョーに。

とにかく家ン中の人口密度が高い。 高いっていうほどに増えるワケやないんですけどね、うちの場合。 いつもはひとりで使ってる我が家を 家族とはいえ 他に使う人がいるっていうのは、まことにゼイタクながら、ちょと重たい。三度の御飯を家で食べるわけですしね。

ほんなら私が外出しましょかぁ~ってなもんで、 整体に行ったり、煉り香水を四条烏丸まで買いに行ったり(なのに、休業中だった)、ヨガに行ったり・・・・・。 ほんまゼイタクさしてもろてます。 

ヨガではね、もうすっごい汗が出た。 ぽたぽたぽたぽた。 終わった後に着てた服をねじったら、汗がしぼれたよ~。 水分とるだけとって、排出されずに、体の中に溜まってたんやね-。 けど この暑いヨガスタジオよりも 外のほうが確実に暑いよなあ、なんてインストラクターの方の言葉を楽しめるのは、時間的な余裕のあるおかげ。

塾のほうも土日・祝日は休ましてもらってるんで、 この三日間は 家のことと自分のことだけ。 さぞかし たくさんのことができたやろうと思うでしょ? ちゃうねんなあ、それが。 

おんなじ24時間やのに、す・・・・っぐに日が暮れるんやわあ。 なんでやろ。 体が はよ(早)うに動かへんというか、 ひとつのことをじっくりしてしまうというか、休憩が多いというか。

ま、ええでしょ。  ゆっくりじっくりを 楽しみましょ 

 

夏の朝

夏の朝

今朝は、4時50分に起きました   息子が5時20分に起こしてくれと言うもんで。 あらかた弁当準備ができたところで息子を起こせるように、‘4時50分’です。 我ながら いい母してるなあ。 ま、弁当作って 朝に起こすのも もうあとわずかかなと思って。

起きるときはツライけれど、 夏の早朝ってのは気持ちいいです。  空気も澄んでるし、 車も人も少ないし、 いつもの街が別景色に見えてきます。 早起きしたモンだけが入れるワールド、なんて言いすぎかしら。 なんといっても、 朝刊くるまえに起きたぞーーという 勝利感  いいですねえ。

写真のように、 別に右からも左からも車こないのに、 ただただ信号が赤になるのを EXILE聞きながらぼんやりと待つ いいですねえ。

朝日が東の窓にあたる前に、窓を全開して空気の入れ替え。 薄暗い時に鳴くというヒグラシの声は、朝には聞こえませんでしたけど。

 

ときどきなかなかいい先生でした。

ほわ~~~~っ。 一区切りつきました、学校ジョブ。 明日からは夏休みなので 雇用が切れます。  

今日でお別れ、ということで、 子どもたちが手紙を書いてくれました。 4・5月に ひとクラス。 6・7月にひとクラス。 あとのひとクラスには とうとう入る機会を持てませんでしたが、 なんと そのクラスの子ども達も手紙を書いてくれました。 少ない関わりの中から 頭しぼって 話題見つけて、 少ないボキャブラリーの中に 一所懸命 気持ちを込めて書いてくれました。

その中から、傑作文を ご紹介。

    ****    ****    ****    ****

先生は、ときどきなかなかいい先生でした。

この学校にこれるチャンスがあればまたきてください。

ちがう学校にいってもがんばってね。ぼくもおうえんしているよ。

夏休みのさいしょからさいごまで元気でいてね。

先生は先生のなかの先生です。

    ****    ****    ****    ****

かわいいでしょ?  学校に行くと、子どもパワーだけじゃなく こんな宝物も増えていきます。  休み前の 時間ないなかで、 手紙書く時間をとっていただいた担任の先生方にも感謝です。

さっ、これからしばらくは 別方面のパワーを蓄積することにしよう。 子ども相手の仕事では、 ‘受ける・待つ’が中心の毎日。(担任職は、また少しちがいます。)   ‘作る・表現する’ことも 久々に生活に取り入れたいなあ。

 

   

「FREEDOM」

火星・金星の探査基地だった月 巨大ドームの中に何百万人という人たちが住んでいる。 そんなドームが6つ。 その名はエデン。 地球は、宇宙ステーションが落ちてきたり、資源の奪い合いで戦争したりで、生命の絶した茶色い星になってしまった、と教えられていた。 ドームは、地球の見えない側に作られていたから、一般市民からは、見られない。 見られないから、教えられたことを信じるしかない。

しか~し、 地球は生きていたのである。 砂漠化瓦礫化した中で、人間は生きてていたのであ~る。 そして、青い地球を見てしまった 月の若者たちは・・・・・、という話。  カップヌードルのコマーシャルでやっていたアニメです。

これ、どんな話なんやろうって ずっと思っていたので、 TSUTAYAで見つけた時、即、レンタルしましたー。 全(?)7巻。

おもしろかった。 おもしろかったんです。

けど・・・・・、

1巻から6巻までは、1話ずつしか入ってない。1話は15分程度。 6巻で1時間半。 1巻につき300円なんで、 1時間半で1800円  つまり、です。 これって、映画館で映画みるより高い  「FREEDOM」が映画館では やってないにしても。 

なんて 高いストーリーなんでしょ。

最後の7巻目は、1時間近くありましたが。

まあ、私は、こんな話が好きなんで。 だもんで、ゆるしてあげよう。

・・・・・    ・・・・・    ・・・・・    ・・・・・

とまあ、 世間は 山鉾巡行で盛り上がってる日に、 私は 未来の宇宙をみてました。  はいィ~~~~。 

  

まえはらです。

ちょっと前のことなんやけど・・・・

うちのインターホンがピンポ~ン 

はーい。 どなたですか?

「どーもー。 まえはらですー。」

・・・・ ? ・・・ まえはら、マエハラ、まえはら、マエハラ。 頭の中の知人名簿を パラパラペラペラ 急いでめくりました。 だれやったっけ。 だれやったっけ。 最近、人の名前がぜんぜん覚えられへんっていうか、すぐに忘れるっていうか、 出会ったその方に失礼やわなあと思うことしばしば。 できたら、玄関の戸をあける前に 思い出してしまいたい。 ゆ・・・・っくり動いて 戸を開けるまでの時間稼ぎをしたりなんかして。 ご近所の方でマエハラサンっていはったっけ? 仕事で知り合った方かな? 教え子か その家の方? 新聞の集金やったら、名前なんか名乗らはらへんしなぁ。 朗読? ボランティア? あ、ただのセールス!?  あかん、出て来ィひんわ、名前の主の顔。 しゃあない、戸を開けてしまお。

「こんにちわ~  まえはら誠司ですー。」

‘まえはら’というのは、民主党の‘まえはら誠司’さんのことでした。 戸の前に立っていたのは ご本人ではなかったんですが、初対面には変わりない。 もー、 親しげにしゃべるから いっぺんでも会うたことある人かと思ったやん。 あせったわー。 

近くの集会所で その晩 まえはら誠司の話があるので、聞きに来てくださいというお誘いでした。 ここらへんは、まえはらさんの地元なんです。 地元、とは言っても、 となり町ってとこでしょうか。 選挙のたびに、 地元やし一票いれよかなあって いつも迷ってしまいます。

何日かたって、 出勤途中、

で近くの交差点を通りかかりますと、そこで朝もはよ(早)から演説してる人が・・・・。 今度は まえはらさん ご本人でした。 

 

回覧板

地域ならではだなあ、という内容の回覧板がまわってくることがあります。

地元のお祭りに神輿担ぐ人 名前書いて~、 とか 今年も地蔵盆やりますよ~、 とか。

今日は、「修学院離宮景観調査のお知らせ」でした。 

    *    *    *    *

平素は宮内庁の業務にご協力いただきまして、ありがとうございます。

このたび下記のとおり航空機を使って修学院離宮の測量を行いますのでお知らせします。

    *    *    *    *

日時・目的・航空会社のほかに飛行方法なんて項目も。 低空飛行なんだって。 写真 撮るんんやもんな。

修学院離宮かあ・・・・。 いっぺん行ってみんとあかんなあ。 近くに住んでるんやもんなあ。

この季節によくまわってくるのは「打ち上げ花火のお知らせ」。 

国際会館で会議かなんかがあったときは、会館近くの宝が池で打ち上げ花火をやらはります。  何時頃 とか どこで見たらよく見えるか とか。 

ここに引っ越してきたころは、 ドオォォーーーーンという花火の音がするたびに外に走って出てましたが、 慣れてくると うちの2階からビール片手に。 最近は、 ドオォォーーーーンが聞こえても TV優先ってかんじで・・・・

そう言やあ、 こないだの外相会議のときは・・・・なかったような・・・・。 ま、あれだけ全国から警察を動員してたくらいだから、 火薬扱いのイベントはないよな

こどもみらい館

こどもみらい館

今日は、月1回の読み聞かせボランティアしてるこどもみらい館’のご紹介を。 

こどもみらい館は、京都市の地下鉄・丸太町駅の近くにあります。子育て支援総合センターっていうんだそう。

1階の元気ランドには、 就学以前の子どもたちが遊ぶ屋内すべり台などの遊具があります。 毎日2回、ストリートオルガンに合わせて歌ったり 手遊びしたり。 ここのボランティアもおられます。

私が行ってるのは、3階の子育て図書館。 まあ言ってみれば、子育て用の図書館。 こども用の本・親のための子育ての本・女性月刊誌(「婦人公論」とか)・保育やカウンセリングなどの本tec.tec. ここは、小学生以上も入れます。

この図書館の中の はだしの広場っていう小さなコーナーで 1日に回、絵本や紙芝居・ペープサートをするんです。 私は、ペープサートをしたことはないんですけどね。 

写真は、大型絵本。 迫力あるだけでなく、後ろのほうの子にも 見やすいからいいですよね。 今日は、「おじさんのかさ」の他に4~5冊 読みました。 多い時で、親子合わせて25~6人も 来てくださいました。

「おじさんのかさ」、おもしろいよ。 大事な大事な傘を、おじさんはゼッタイ雨にぬらしません。 だって、傘がぬれるから。 そのおじさんを 雨の日に傘さすのはいいもんだって気にさせてくれたのは、小さなこどもでした。・・・っていう話。  学芸会なんかでも、 この話、よく使われます。

他にも、子育て相談を受けたり、子育て講座が催されたり、保育士・幼稚園教員の研修をする研修室やプレイルームもあります。 1階にはちょっとした食事のできるレストラン。 地下は、駐車場です。

できてからまだ9年目のこどもみらい館’。 もう10年はやかったら息子つれて遊びに行ったのになあ。

うなぎ定食

出町柳の‘ろろろ’にランチしに行ったら、店のドアに「本日は予約で満席です。」の札。 すぐ満員になって店の前に行列、って噂をきいていたもんだから 開店前にいったのに、です。 団体予約ではありません。 こんなふうに、せっかく行ったのに満員だと食べられないから 個人で予約しとくんだそうです。  がPhotoっかり

友達とふたりで が・・・・・っかりしていると、 その場に居合わせた方が「近くに おいしくて安い店があるよ~。」と教えてくださったのが、‘魚熊’。 お寿司屋さんなんですが、昼は定食もあるとか。 せっかく教えてもらったので・・・・っていうか、 あまりのガッカリに別の店を探す気力がなかったのもあって・・・・・、さっそく 行ってみることに

定食は、800円。 安いよね。

季節がら、うなぎ定食を注文。 鰻と御飯のほかに、きゅうりとくらげの酢の物温泉卵お吸い物漬物。  けっこう おなかふくれました。 満足  ひとのアドバイスは受けてみるもんです。

Photo_2‘魚熊’のはす向かいにある洋品屋さんで‘ベスト着たワタシ’を鏡に映したりなんかしながら お店の方と ひとしきり世間話をして、 そのあと、 そのまたはす向かいにあるケーキ屋‘で ひとやすみ(もう休むんかい!)。  はァ~。 おいしいわぁ、ケーキセット

出町柳商店街で、パンと枝豆と三度豆を買って 帰りましたー。  ここの商店街も安いです。 北の方の物価が高いだけなのかな?

つぎこそっ こそっ ろろろ’でランチだーーー。 

Do you Kyoto ?

うちでは朝、FMラジオを聞いています。 

朝食たべるDKにテレビがないという、ただそれだけの理由なんですが。 ラジオは目が空くから便利です。 想像力の修行にもなるんだそうです。 

いつもの朝のDJに教えてもらった(?)んですが、 最近 

Do  you  Kyoto  ? 

なんて文があるのだそうです。

京都と言えば 環境の国際会議をして‘京都議定書’なるものができたところ。 なので、 Do   you   Kyoto  ?   っていうのは、 「エコライフしてる?」ってな意味になるのだとか。 へえ~~ってかんじでしょ? 知らんかったよね~。 おもしろい!!

でもさ、 昨日 終わったサミットでも 環境のことが話し合われて 新しい提言がなされたから、 これからは 新しい英語文ができるのかな?

Do   you   Toyako  ?

なーーーーーーんてね。

エコライフ、 してますか?  これは私の持論(ってほどでもないか)ですが、 エコライフは 時間に余裕がないとむずかしい。 時間を節約するために、 車に乗り スイッチひとつでお風呂に入り料理もするんですから。 

ちなみに・・・・・・、6月のうちのガス代は2600円でしたー   たまには自慢しときましょ。 えっへん。 

 

きたーーーーーーーっ!!!

来たーーーーーっ

クライマックスシリーズへのマジック55っ

さすがさすがさすがですなあ~~~~~。  へっへっへっ

実力を発揮する時が 来ましたなぁ~~~~。 ひょっひょっひょっ

ほんまにつよいわあ、 今年の阪神タイガース。

ほんまに ほれぼれするわーーー

マジック55なんか すぐに消えるかも、 なんて おっしゃる方々、

そんなコト ありませ~ん

2位中日とのゲーム差なんて 気にならへんぐらい空いてますがな。 12.5ゲーム差やで。 

ち方も、 イキやないか~。 こないだなんか 横浜に3点差で負けていたのを 9回2アウトから逆転    ドラマや~~~。

ここらへんで 優勝さしてもらわな。

年は、 勝たしてもらいますわ     ごめんやっしゃー。 

「サルスベリ」

きのう、なんで三条にいたのか。 それを書くの、忘れてました。

カルチャーセンター・朗読講座の受講をまた きのうから始めたのでした。 3月までいた講座は どうしても時間が仕事とダブってしまうため、 別のところに。 新入りは私だけなので もうキンチョーしましたよー。 

梨木香歩「家守綺譚」の中にある「サルスベリ」を少しずつ読んでおられてたらしい。 梨木香歩といえば、「西の魔女が死んだ」の作者です。 この「西の・・・・・・」は、10年程前の 夏の読書感想文コンクールの課題図書でした。 子ども用の本だけど、 私、とても好きです、この物語。 何回も読み返したいから、買いました。 庭や森の描写が いいんです。 

その梨木香歩の話だから、 気持ちがすこ~し前のめりになりました。 でもね、 話の前後関係をつかみきれないまま私の読む順番が来てしまって、 必死で口あけて声出して読みました。 ‘余裕’なんてものは全くなし。 話の中に入り込むのに 無我夢中。

    *    *    *    *

___どうした高堂。

私は思わず声をかけた。

___逝ってしまったのではなかったのか。

___なに、雨に紛れて漕いできたのだ。

高堂は、こともなげに云う。

    *    *    *    *

亡くなった親友が、掛け軸の絵の中から現れる場面でした。

大きな声・小さな声。 高い声・低い声(これが、私は難しい)。 速い読み・ゆっくりの読み。 間の長短。 ・・・・・  あ~~、これこれ、指摘されたことあったなあ。 なんて、思いだすんだけど、 さて実際 どう読むか? どう読むかを決めても、自分がそのとおりに表現できるかは、また別だったり。 

「立体的な読み」をすること。 命ないもの(幽霊・神・月など)は、無機的に でもこの場合は 無表情ではなく。 

・・・・・  とか、 先生のアドバイスを聞くたびに、 頭の中で えっ?  えーーーーっ? 

ここのメンバーも 声や読みに個性あって、 ツブツブです。 たくさん吸収できそうです。

2時間。 集中しました。 「サルスベリ」と「私」のタイアップのことだけに。 ほんと、それ以外 頭の中になにもなかった。 

これは、かなり快適。  疲れましたけどね

夏も近(ちこ)おすなぁ。

夏も近(ちこ)おすなぁ。

三条大橋から眺めた納涼床です。

納涼、とはいえ、クーラー効いた店内のほうがずっと涼しいんやけどね。  でもまあ この景色を見ると、 あ~~~今年も夏や~ てな感覚が からだの隅の隅の隅のほうにプチッとスイッチオン。

今日の暑さもタダもんやありません。 あっついわぁ~~~。 ((+_+))  鴨川の水が もうじきお湯になるんちゃうかと思うぐらい。 空気はしっかり ええ湯加減ですわ。

河原町を歩いてると、どこからともなく ♪コンコンチキチン コンチキチン♪のBGMが…。  

もうじき 夏本番どすなぁ。 

新生姜の梅酢漬

新生姜の梅酢漬

新生姜がたくさん売られていたので、梅酢に漬けました。

梅酢もいっしょに買ってきました。 今年は梅干しを漬けてないもんで。 

さっと洗ってから 汚れたところだけ皮をむきます。 生姜をスライスしていると、いい香りです。 すがすがしいというか。 生姜もハーブなんですねぇ。

漬けあがったら、焼きソバなんかに そえます。

そこに、玄関でピンポ~ン♪  

となりの畑の方です。

「じゃがいもを掘ってたら、傷してしもたんですわ。 商品にならへんから、もらってもらえますかー。」

はい♪はい♪  もう喜んで!  いっつもすんませ~ん。

掘り出したばかりの新ジャガを茹でて粉ふき芋にし(ちょっとつぶします)、あまった梅酢をからめました。 すりゴマかけて、 はい一品。 おいしいよ。 焼きノリとか大葉を線にきざんで 上からかけても いいかも。 

林住期

五木寛之の「林住期」を読みました。 この本 読みたいなぁ~と思ってたところ、「貸したげよ~~。」という人がいたもんで。 グッド・タイミングですー。 読むのが遅い私も すすす・・・・と読めました。

古代インドでは、 人生をね、4つに分けて「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」とするんだって。 それぞれ25年ずつ。 目次の前の、いっちゃん最初のページに こう書いてあります。

「林住期」とは、社会人としての務めを終えたあと、すべての人が迎える、もっとも輝かしい「第三の人生」のことである。

ふっふっふ。 そーかいそーかい。 も・・・・・・っとも輝かしい時期  あ~~~、楽しみや~~。  なにに使おうかなぁ、この25年  やりたいことは い・・・・・っぱい、なんやけど。  大きく考えたら わずか25年なワケで。

思えば「学生期」は、しばりが多かったよなぁ。 おとなになるため。 自立してないから。 でも、それも必要。 キラキラしてるし。

「家住期」は 責任ずっしり。 なかみがいっぱいつまって充実してたけど。 わき目もふらず・・・・かなあ。 あ、けど、これは私の場合。   

五木さん曰く、 50になったら 家庭から自立する。 仕事も 家族のため生活のため人のためじゃなく、自分が楽しむために。   その時に備えて、蓄える。 たくわえた体力、気力、経験、キャリア、能力、センスなどを土台にして林住期にジャンプするのだそうだ。 そう考えたら、私の場合、まだ蓄えが 足りないなぁ。 仕事も、自分のためだけにする分野じゃないしなぁ。  まあまあ ・・・・・・・ 少しずつ、移行しよう。 少しずつ、考えよう。

ただ、注意しないといけないのは・・・・・ん~~~、 昨日の続きじゃぁないんだけど、 体のメンテナンスかしら。  これは、最近けっこう切実に感じます。  明日の分まで買ってきたコンビニアイスを 今日 2つとも食べたらあかんのや~。 晩酌も、 休みをつくらんとなあ。 忙しいのにかこつけて、体動かすことをさぼったら 即 体 重くなるしィ~。 ・・・・・・と、思いながらも やっぱり‘アイスのちまんじゅう、その後ビール’なんてことを続けていくんだろうなぁ。

ま、それは横においときまして

やっぱ わくわく。 なにで たのしむか?  どんな人たちに会うか?  私という人間が どうかわるか? 

メ  ン  テ

修理中だったものたちが、 返ってきました。 ほっ こーゆーときって(モノが故障するって)、いっときに集中するもんなんやなぁ。 日頃から 少しずつメンテしておかんとあかんねんけど、なかなか・・・・・・ね。

パソコンがこわれる前に書いていた記事、 ちょっと マがぬけてしまったけど、 公開。 せっかく書いたんだし。 ま、こういう事情でした。

     *     *     *     *

自転車の前輪がパンクした。 いや、 正確には、パンクしていた。

朝、早くに準備ができた。 雨降ってない。 帰りの買い物もない。 最近 運動してない。 よしっ。 今日は、チャリ

と決めて、 自転車を引き出そうとしたらなんと  前のタイヤがぺしゃんこ。 あら~~。 このまえチャリで出勤したのはいつだったか、忘れたけど、 あんときは健在だった、前のタイヤ。 いつ? どーやって? パンクしたんや~。

と考えてみても しょうがない。 で行くしかない。

いったん仕事から帰宅後、 にMyチャリを乗せて修学院の自転車屋へ。

自転車屋さん、 Myチャリを一目見て すぐにひとこと。

「長いコト乗ったはりますなあ。」

はい、かれこれ18~9年。 

「タイヤだけやのうて、ここもすり減ってますよ~。 あ、このワイヤーも切れかかってますわ。 サドルもはがれかかってますね~。」

そーなんです。 全く自分ではメンテしてないもんで 

「ここを変えたらマア1万円、 これは5千円ぐらい、 これね~3千円かな。」 

あの~、 いっそ全部の部品を交換したら いくらぐらいかかります? ・・・と聞こうとして気がついた。 まったくもって‘愚’なシツモンをしてるってことに。 全部交換するってことは、 もとのモンがな~んにもなくなるってこと。 それって、新しい自転車を買うってことやん。 

よく見たら、似たような自転車が一台3万円ぐらいで売られていた。 今回 交換した部品代が 約2万円。。。。。。。。?。?。?。

深く考えるのはやめよう。 

「修理できましたよ~。」の電話を待つだけにしよう。 うん、そーしよう。

     *     *     *     *

仕上がってきたMYチャリは、乗り心地Goooo~   タイヤを太めにかえたので スピードは出しにくいけど(この期に及んでは、いらんな。) 安定してます。  これで ハデにこけることもないでしょー。 

 

   

パソコン リニューアル!

ただいま 帰ってまいりましたぞ、パソコン画面に。 

ヒューズとコンデンサの交換で パソコン画面が再び明るくなって手元に返ってきました。

その間に、うちのパソコンと電話がフレッツ光となりました。

で、ついでに今日 このパソコンのメモリーを1ギガ増やしてもらいました、MIDORIで。

パソコンを設定に来ていただいた方も、MIDORIでメモリーを入れてくださった方も、 ひとつづつ丁寧に教えて下さいました。 この際とばかり、日頃 ん?なにこれ? えっ?・・・・と疑問だったことを、その場に関係ないことを、超初歩的なコトを くどいほどにきいてしまいました。 それはもうかんでふくめるように 説明してくださいました。 何を訊いたのかというとですね・・・・えーーーー、それが 忘れてしまってーーー   

おがげで、パソコンが軽くなりましたーー。  画面がサクサク進むと、ヒジョーに気持ち よろしい、うん。

「風のうわさ」1周年記念に パソコンがリニューアルした、ということにしとこう  この壁紙はね、一番最初に使ったものです。 今年はまだ、夏椿、咲いてませんけど。(去年の6月30日のブログ、みてね。)

     *     *     *     *

ところで今日は、2年ぶりに水着を着ましたーーー。

(#^.^#)

仕事ですよ。 体育、水遊びです。 

「せんせい、 イルカに乗ってる人みたいーー」と2年生が言ってました。 

どんな水着か、これで想像つくでしょか?  半そで・ハーフパンツのセパレートです。  これ、着替えるのに便利。

朝 雨ふってたのに、 プールサイドに出たとたん が カーーーーーっ。 子ども達に思いっきり水かけられて ビショビショ   朝の、あの化粧タイムが、なかったことになってしまいました。 

いかんいかん。

今日ね、ぼけぼけやってん。え?いっつも天然やんか、やって?そ、そーなんですけどぉ。ま、ま。

塾の子がやって来る前に、歯ぁ磨いとこうと思い、洗面所に立ったんです。歯ブラシに歯磨き粉をつけて口に入れようとしたら、なぜか口に入らない。なんでやろう?よ〜〜く見たら………、歯ブラシだと思ってたのは、なんとなんと、髪の毛のブラシ、でしたー。そら入らへんわな。ぼけぼけや。

6時に仕事終了。さっ晩御飯つくりましょかぁ〜、というときに気がついた。なかったんやー、お米
( ̄□ ̄;)!!
やっぱ米はなかったら話にならん。(私はビールを主食としてもええんやけどね。)買いに行きましたよ、日暮れに。

こりゃ、疲労が疲れてますな。いかんいかん。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

無料ブログはココログ