« いかが? | トップページ | 強くなるよ。 »

2008年6月10日 (火)

風のてつがく

風は

どこにでもいたり

どこにも  いなかったりする

風は

雲の あくびになったり

ありのくしゃみになったり

波の背中をおしたり

たんぽぽわたげをつまんだりする

しかし風は  いままでいちども

じぶんでじぶんを  みたことがない

___おれって  どうなっちゃってるの?

みたくてみたくて  きりきりまいして

風は  つむじ風になる

.

ふむ  つむじ風は  きっと

「かぜのてつがく」の  ヘソだな

.

.

工藤直子さんの「風のてつがく」という詩です。

学校の階段おどりばに 掲示されていました。   おもわず、メモっちゃいました。

|

« いかが? | トップページ | 強くなるよ。 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/21549397

この記事へのトラックバック一覧です: 風のてつがく:

« いかが? | トップページ | 強くなるよ。 »