2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« こ・ま・る・わ~ | トップページ | 福士加代子ラン »

2008年1月25日 (金)

かき氷作戦

今朝 起きてみれば、 外はかなりの雪景色。 積雪10cmというところ。 

8時頃 ゴミを出そうと玄関を出たら、 隣の男の子が ポツンと立っていました。 

あれ? 君のお母さんの車、 さっき 出ていったで。 お姉ちゃんも 学校にいかはったやろうし、 お父さんはもっと早いんちゃうん? お母さんと一緒に保育園に行かへんかったら ひとりでどーすんの?・・・・と思っていると、 お母さんの車がもどってきました。

どうやら、 保育園に行きたくないと言って 車に乗ろうとしなかったらしい。 お母さんは、 彼をおいてきぼりにする・・・・フリを・・・・した・・・・けれども、 効果なかったみたい。 だって、 彼は泣きもせずに待っていましたから。 お母さんの車がもどってくるのを 予想できてたみたい。  根比べかぁ? お母さんも、 仕事に遅刻ちたら具合悪いやろし…。

彼の1件向こう隣りのKさんが、 はよ行かへんかったら 保育園の先生に怒られるで、 お母さんもお仕事に遅れるから困らはるやろ・・・・と言うても、 びくともしません。 

ネガテイブ作戦は、 あかんか。 よし、 そんなら 人参ぶらさげ作戦や。 次は、 私の出番。

今日は いっぱい雪が積もったし、 保育園に行ったらお友達といっしょに雪で遊べるなぁ! ・・・・・と 言うと、 彼、 初めて口を開きました。

「先生は、 雪で遊ばしてくれはらへんもん。」

保育園に行く前に、もうちょっと雪で遊びたかったのかなあ。

今日は 遊ばしてくれはる! こんなに たくさん雪があるねんで。 お友達は 今頃 もう保育園で遊んだはるかもなー。

彼の足が、 一歩 前に出ました。 おっ、 もうひと押しや。

と、 そこで 今度は 彼のお向かいのAさん登場。 紙コップとビニール袋を持ったはります。  ごそっと雪をとって 紙コップに山盛り入れ、 それをまたビニール袋に入れて、 彼の小さな手に、 ハイどうぞって。 さらにAさんの一言が 彼の背をおしました。 これを保育園の先生とお友達に見せたげてや。 ボクんとこ、 こんなにいっぱい雪が降ったんやでぇ~って 教えたげてな。

彼は、にこっと笑って車の中へ~~♪  「わぁ~、 これ、 かき氷みたいやなぁ。」と言って 車の中から手をふり、 出発! 彼のお母さんと、 向こう隣りのKさんと、 私と、 お向かいのAさんの 共同作戦で、 めでたく登園へと あいなりました。

後でよくよく話を聞いてみると、 今日は保育園で‘耐寒かけっこ’が あって、 それが あまりお好きじゃなかったらしい。 そんな行事があったんなら、 今日は 先生方も 雪遊びをさせるどころではなかったかもねぇ。

 

« こ・ま・る・わ~ | トップページ | 福士加代子ラン »

こども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こ・ま・る・わ~ | トップページ | 福士加代子ラン »