2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 宝が池・冬 | トップページ | 駅伝を応援するなら »

2008年1月12日 (土)

朗読初め

今日は、久しぶりの朗読練習でした。 ‘宿題’もなんとか持参。 まずは脚本作りから始まりました。 大きい字で印刷してくれたはるので、 その分ページ数が多い。 ぶっとい脚本になりそうです。

朗読練習してたらね、 な~~んも よけいなコト・日頃の堂々めぐりをしません。 努力しなくても。 これは、かなり 心が快適です。 そんで、練習終わった後の(正確には、練習終了間際からなんだけど)、 気持ちいい空腹感ったらありません。

***  Kyoto演劇フェスティバル ***  

***  2/9(土)~24(日)  ***  

***  京都府立文化芸術会館(河原町広小路下がる)にて  ***

このなかの「特別企画Ⅱ・京都で見つけた物語」に、私は出さしてもらいます。 2/23(土) 15:00~  と  2/24(日) 13:00~  です。 あと、 2日間とも 夜の部も あります。

興味のある方には、パンフレットとか前売りチケット(1500円)とかを郵送しますよ。 連絡くださいね。

私は、一休さんの一生をつづった物語を、主に読みます。 絵本やアニメに出てくるお話じゃないですよ。 例えば、 襖の虎を生け捕りにする話とか、 橋の端を渡る話とか。  そういうのじゃなくて、 南北朝の時代、 北朝方の父と 南朝方の母を持つ一休さんの生い立ちから始まり、 一休さんの遺言を弟子たちが読むまで。 これを機に、 インターネットで一休さんのことを少し調べてみました。 おもしろいです。 

一休さんは、 琵琶湖で自殺を図ったことがあるらしい。

一休さんは、 最期、「死にとうない。」と言ったらしい。

一休さんの遺言の内容は・・・・、 当日 聴きに来て下さい。

とにかく、 私の‘僧’のイメージからは程遠い 人間臭い人だったらしい。

明日は、 分かれて練習している3グループの出演者が初めて集まります。 顔合わせです。  わくわく♡

     

 

« 宝が池・冬 | トップページ | 駅伝を応援するなら »

コメント

ちょうど今日 行ってきました、一休寺。 私は あの納豆 好きやなぁ。 日本酒がいいですねーってコメントを お寺の方にしてきました。   

一休さんは晩年、目の見えない奥さんと京田辺に住んではった 今から20年くらい前、私もそのあたりに住んでいて 一休寺に行ったことがある 一休さんの納豆というのがあり食べてみたんだけど^^たしか 普段食べてるのとまったく違って 黒くて、かた~くて、ぜんぜん粘りがなっかた^^20年前の記憶なのであやふやだけど いっぺん 行ってみて

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/9853719

この記事へのトラックバック一覧です: 朗読初め:

« 宝が池・冬 | トップページ | 駅伝を応援するなら »