« また中日や | トップページ | の~んびり薬膳 »

2007年11月 3日 (土)

拓郎おじさんの作物育成法

今日は、ばあちゃんのお伴で 亀岡の畑に行ってきました。

Photo といっても、 私は腰痛持ちなので、 力仕事は 85歳のばあちゃんに おまかせ(?)。  ほんま、 ばあちゃん、 元気やねん。 感謝です。  

で、 私の仕事は、 ①自分の欲しい野菜を採る  ②ばあちゃんが採った里芋を 土をとってから 並べる  ③収穫した野菜を 車で運ぶ  ④ブログ更新のために写真を撮る  ⑤カマキリをからかう・・・・・っとまあ、 こんなところでしょうか?

里芋の収穫を、 私は、 この畑で初めて見ました。  今日 ばあちゃんが掘り起こしたのは、 唐芋という種類の里芋です。  この茎が、 ズイキです。 お揚げと炊いたら美味しいし、 酢の物にしても 色がピンクになって シャキシャキ感たっぷり!  ズイキ(茎)の下に、 大きな頭(かしら)芋があって、 その周りに 小芋がついています。  今年は、 去年よりも収穫減。 連作したためだそう。 明日のおでんには、 今日とった頭芋と人参も 入れようと思います。

私は、 畑のすみで、 ばあちゃんの話に時々うなづきながら、 もくもくと芋の泥を落としてる。 いろんなコト考えながら、 思い出しながら、 時には 都合いい妄想で地面にむかって ふふふと笑ったり。 えっ? アヤシイって? まあまあ。  ・・・・・とその時、 近づいてくる懐かしい歌。  

♪ゆかたのォ~ きみィは  すすきの かんざ・しィ~~♪

「こんにちは~~、 がんばったはりまんなぁ。 芋 ぎょうさん できてますか~?」

年季のはいったラジオを ビニール紐で 首からかけたおっちゃんが、 声かけてきはります。 

「それ、 吉田拓郎ですやん。」

と 言うと、

「そや。 わかるかぁ?  わしな、 歌ききながら畑すると 調子でるんや。 畑の野菜もな、 な~んも もの言わへんけどな、 歌きかしたったら 育ちかたがちがうんやで。 おいしい野菜が 大きく 育つ。」

この 拓郎歌・大好きなおじさんによると、 牛も 歌を聴かしてやると 喜ぶんだそうです。  おじさんが 牛舎にいくと、 歌きけると思って みんな(牛たちのこと)が 寄って来るのだとか。 あ、 なんか、 これ、 テレビでも 放送したはったような気がする。  おなかの中にいる胎児に モーツアルトを聴かすようなもんやな。 私は、 そんな余裕なかったけど。

「へぇ~~。 あんさん、 吉田拓郎て、 ハイカラなもん 聴いたはりますんやなあ。」

おばあちゃん、 その曲な、 もうハイカラとちゃうで。 

心の中で 言うときました。Photo_3

Photo_2 あ、 それから、 昼御飯食べた‘和(なごみ)’という小さなレストラン。 素敵だったので 写真を 載せておきます。 裏の畑でとれた野菜を使った お惣菜を 食べられます。

 

 

« また中日や | トップページ | の~んびり薬膳 »

草・花・木」カテゴリの記事

コメント

なあるほど~~。 しょうがねえ。 うん、 美味しそうや!!
けど、 ほんまにこれって、 京都だけなん? 

さつまいもの茎も 好きやで。 私は、 山椒昆布みたいに 甘辛く濃い味にしま~す。

-ずいきーなつかしいな~実家にいる時は食べてた たぶん京都だけかも 関東はさつまいもの茎の干したもの<いもがらーと言うらしい> それとおあげのたいたお惣菜を食べたけど全然、食感が違うねん ずいきのあの柔らかさと^^薄味の煮物にして食べる直前におろししょうがを入れるとおいしいよ~

茎はな、赤いやつを食べるんやって。 緑の茎は おいしないらしい。 

‘和’、有名店やったんやぁ。 今回3回目やけど、 いつも満員やったんは そーゆーわけやったんやね。 素敵な店やね。 あの庭、 手入れが 行き届いてるなぁ。

わが町へようこそやね            うちではエビ芋をつくってます 茎は食べたことないなー さつまいものは食べるけど・・・  ちなみに葉っぱは お盆にハスの代わりにしま す                     和はけっこう地元では有名なお店ですよ    ちょっとわかりにくいけどね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« また中日や | トップページ | の~んびり薬膳 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

  • 2011627
無料ブログはココログ