2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

  • 2011627

« 時の流れに身をまかせた木 | トップページ | これなにかわかる? »

2007年11月13日 (火)

四捨五入

もォ~~~っ! わっけ わからへん! ししゃごにゅうって、 なんなん?!

玄関あけるなり、 そう言ったNさん。

えっ? もう「およその数」やってんの? Nさんのクラス、 勉強進むのはやいなあ。 「計算の順序」も 終わったん? 先週は「三角形」やったやん。

今、 4年生は、 人口や面積なんかを 四捨五入して概数であらわす勉強をしています。

あんな、 となりのクラスの勉強が ものすごう 進むのが速いねんかぁ。 そんで、 先生が「計算の順序」は あとでする・・・って言わはってん。

なるほど。 よくあることなんです。 冬休みまで あとひと月半やもん。 夏休み終わって、 すぐに運動会の練習・前期の成績つけ・学芸会・クラスによっては研究授業なんてのも入ります。 気がついたら、 あと ひと月半、 なんですよね。 もちろん 年間計画は どの先生も4月に立てて、 校長に 提出したはるんですけどね。 なんせ、 相手は人間です。 予定通りにサクサクとはいきませんわな。

で、 Nさん。 今日の宿題のうちのひとつが、 算数の四捨五入プリントなもんで、 とにかく今日は この際 「四捨五入」を理解して帰ってもらおうと、 予定してたプリントをひっこめました。

下の位が 4より小さいときは 切り捨てて、 5より大きいときは 切り上げるんや。 その境目が 4と5で分かれてるやろ? そやし、 四捨五入って言うんやで。

へーーーー! そーやったんやー。

学校でも、 やったハズやねんけどなぁ。  

18524。

「千の位四捨五入しなさい」やったら、 一・十・百・千の位は 0になるんやで。そやし、 答えは 20000。

うん。 

「千の位までの概数にしなさい」やったら、 一・十・百の位だけ 0になるんや。 そやし、 答えは 29000。

なんか、 わかった。 もう 問題やっていい?

もーちょっと、 聞いてからや。 問題のなかで「千の位」と書いてあるのと、「千の位まで」って書いてあるのとでは、 答えが違うんやで。

へーーーーっ! そっかぁー。

現場で教えてるとき、 「4以下は捨てて5以上は上げる」は わかるのに、 なんで 四捨五入の正答率が低いのか 不思議に思ったことがありました。  これか・・・・・。

ようするに、 日本語のモンダイだったのですね。  論理的に 文章を読み取る力・・・・って言うていいんでしょうか?   人間って、 だいたい(だいたい、ですよ) 9~10才くらいで 抽象的思考ができるようになると言われているんです。  でもね、 これは ややこしいです、 はっきり言って。 問題の出し方(問題文章の吟味)も しなくてはいけません。

Nさん。 その後も、 「へーーーっ。」が あと1回。 これは なんやったか忘れましたが、 たくさんの「へーーー。」を聞くことができて、 今日は 嬉しい!  なんせ、 去年は、 いつも ‘勉強したくない&説明ききたくない’オーラが わさわさ出てましたから。 

ちょこちょこ間違うけれど、 まあ なんとか 四捨五入の意味とやり方は わかってもらえたかな。

でも、これは「ワカル」段階。 このままほっといたら 力がつきません。 つまり、 テストで点をとれないっていうこと。 わかっているのに点がとれない。 これが続くと、 こどもは 自信を失います。 「ワカル」ためにつかった時間・頭・心が もったいない! 

忘れないうちに、 何回も練習問題をして 定着させる段階が 大切です。 この「練習」時間が 今の学校では なかなかとれないんです。  何回も何回も 練習して 力をつけていく。 それが、 本当の「ゆとり教育」なんやと、 私は思っています。 土台の力をつけないでする「総合」は、 どうも、 私には 賛成できまねます。 まー、 もうすぐ また 変わるそうですけど。 (ころころ変えるのも ・・・ なぁ。)     

« 時の流れに身をまかせた木 | トップページ | これなにかわかる? »

こども」カテゴリの記事

コメント

ありがとう!
「こどもきらい」そうなイメージ、チェンジできたやろか~?

「先生」してるなぁ、風さん。
なんやのんびり(?)と余裕もって子供のこと見たげて・・・
いち家庭教師にしとくのもったいないわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/8905682

この記事へのトラックバック一覧です: 四捨五入:

« 時の流れに身をまかせた木 | トップページ | これなにかわかる? »