2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 予定変更、木枯らしのため? | トップページ | 穴 あけちゃった♪ »

2007年11月19日 (月)

生ジェフ 講演会

  • 午後、 息子の通う高校の保護者会総会の前に、ジェフ・バーグランド氏の講演会があるというので、 聞きに行きました。 演題は「14000人の教え子から学んだこと」。

テレビなんかでしか見たことなかったバーグランド氏です。 前から2~3列目の真ん中あたりで、 とくと拝顔し、 いえいえ、 話にひきこまれておりました。 ホンモノのバーグランド氏やから、‘なまジェフ’やなぁ・・・・なんて、思いながら。 スミマセン。 失礼ですよねぇ、人生のセンパイに。 けど、やさしい目をした方でした。 瞳があおいからというのでなく、 う~ん、視線の輝き方が。

それはともかく。 興味深く、楽しい話でした。 演題からはピンとこないのですが、‘異文化コミュニケーション’の話だったと、 私はそう思って帰って来ました。

‘異文化’というのは、なにも‘国と国’の間のコトに限らない。 ‘老と若’ ‘男と女’ ‘家族間’ ‘健と障’・・・・・。  それぞれの生活習慣や常識など。 誰もが14の文化(自文化=自分の文化)を持っており、 各々のコミュニケーションが、 異文化コミュニケーションと言えるんだそうです。

今 接している目の前の相手、 その人の‘文化’を感じるために 

  • Observe 五感を通して観察し  
  • Borrow  学ぶべきものを取り込み  
  • Integrate 新しい自分を創造する(取り込んだものを自分の一部にする)                ことが大切だとか。

それからね、 面白いなぁと思ったのは、 お互いを理解し合う方法っていうのかな。 それは、大きく分けて2つある、という話。

日本は‘受信者責任型文化’。 1を聞いたら 10を知ってあげなければいけない。 相手を察することが 大事。

アメリカなんかは‘発信者責任型文化’。 相手がわかるように、言葉や態度をつくさなくてはいけない。 表現することが 大事。

どちらが いいとか、 そういうことではなく、 これは文化の違いなのだと。 そういう発想が 新鮮! 

あとね。 

10のうち 9ができても、 できない1が気になり、「できない。」と言うのは日本人に多い。 反対に、 10のうち1できたら 「できる。」と言うのは アメリカ人などに多い。  Can  you  speak  English?  と訊かれた日本人が  No.  と答えるのも、 そこからきてるんじゃないか・・・・ってね。

そう言われてみたら、 そうかもねえ。

こういう講演を聞くのは、 好きです。  自分では気がつかなかったものの見方とか発想が、 私の頭や心を 少しずつ開放してくれる気がする。

バーグランド氏の本を売ってたのですが(しかもサインしてもらえたんやけど)、 ぐっとこらえました。 まだ読んでない本が 山積み状態なもんで。 しばらくは、 TSUTAYA通いも がまんして、 本 読んでしまいましょう♪  

   

« 予定変更、木枯らしのため? | トップページ | 穴 あけちゃった♪ »

コメント

ジェフ・バーグランドっていう方で、 テレビやラジオにも出演したはります。 赤富士米のコマーシャルにも出たはったかも。 

公演は、ばりばりの関西弁でした。 私よりも、京都のおつきあいに通じてるってかんじでしたよ。 

「異文化コミュニケーション」・・・っていうのは、英会話のコマーシャルやったかなあ。 それとは直接には 関わってないと思いま~す。

あの~ ジェフさんてだれなんでしょう?テレビにでてる人?それと講演は日本語だったんですか? -異文化コミュニケーションー ってなんかのコマーシャルにあったね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/9006062

この記事へのトラックバック一覧です: 生ジェフ 講演会:

« 予定変更、木枯らしのため? | トップページ | 穴 あけちゃった♪ »