2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 朗読お茶会 | トップページ | 2%の頭蓋骨 »

2007年11月28日 (水)

息子の小遣い歴

お金足りひんねんけどォ~。

・・・って、先月、息子が2回ほど言うてきたことが ありました。 なにに要るって言うてたかなあ。 文化祭にからんでの飲食代やったかなぁ。 とにかく、 出してやらへんかったら、 友達との付き合いに 今後も入れて 困るんやろなぁって 思ったから、 2回合わせて4000円ほど 渡しました。

息子の小遣いは、 {交通費+私が弁当を作らなかった日の昼食代+クラブに要る費用}をのぞいて、 5000円でした。 「でした」というのは、 今月から値上げしたからです。  

先月渡した4000円ほどを、「貸す」ことにしようかとも 一瞬 思ったんですが、 そんなことしたら 今月の小遣いが1000円になってしまう。 貸すことにしなくても、 それに味をしめて毎月せびる子ではない(と思う)ので、 これはこれで「あげる」ことに。

高校生やったら、 いくらぐらいの小遣いをもらってるんやろう? ピンキリなんやろなあ。  ・・・・・・  と、 ここで 思い出したんです! 私が高校生だった時の小遣い額を。  私が高校生だったとき、 小遣いを 5000円もらっていたということを。  私が5000円もらってたのに、 ○十年後の高校生が 同額ではなぁ。  少ないんかな、 やっぱし。  

今回のような超過分は レシートとおつりを渡してもらうことにしてたんですけど、 これももう 私も息子も お互い面倒。 なので、 一気に10000円に値上げしました。 これで「足りひんねんけど。」は なしやで、 ということで。 

10000円って、 多いの? 少ないの? 相場がワカリマセン。

息子の小遣い歴は、 小学校2年生に始まります。 初小遣いは、 ひと月に100円。 ひと学年上がるごとに 100円増やして、 6年生で500円。 少なかったかなあ。 けどね、 おやつや文房具・本なんかは買ってやるし、 「ほしいもの」は、クリスマスと誕生日を待てば手に入るんだし、ね。 コインをにぎりしめて、 嬉々として ポケモンシールとかガチャポンを買いに行ってたっけ。 お金を使って自分で買い物する って経験をしてほしかったんです。 もっとも、 土曜日にまで学童保育に行ってた彼には、使う時間 なかったんですけどね。

中学生のときは、1000円ずつ増やしていったんやったかな。 学校の友達がね、 近江八幡とか梅田とか甲賀とか 遠いところから通ってたもんで、 遊びに行ったら 交通費が かかることかかること! で、 遊びに行く時の交通費は 半分小遣いから出してねと 言うてたんで、 中学時代の小遣いは、ほとんどそれに消えてたんだと思います。 ある時は、 三重県まで理科の調べ学習に行ってて(帰ってくるまで知らなかった!)、 無添加の漬物をお土産に買ってきてくれたこともありました。 いい子でしょ?

このころ、 家の手伝いしてくれたら 報酬 出すで、 1時間かかる仕事に600円、っという提案をしたことがありました。 しか~し、 600円もらうより、 お金足りひんのを我慢してゲームに興じる方が よかったらしく、 この案は 立ち消えになりました。 

えっ? お父さん族の 家事手伝いに、 小遣い増額? それは、ないでしょう。 だって、 ‘お駄賃’っていうのは、 社会人になる前の‘見習い’が もらうものなんですから~。   (*^_^*)  

 

  

« 朗読お茶会 | トップページ | 2%の頭蓋骨 »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朗読お茶会 | トップページ | 2%の頭蓋骨 »