2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

ゴールド免許♪

免許の更新に行ってきました。 

久しぶりの羽束師の免許試験場です。 車で約1時間。 遠いなぁ。 でも、 免許試験を受けるときとは違って、 マイカーで行けるのは、 らくちん♪

結婚する前は生活範囲だった伏見も、 今日 行ってみたら 景色が変わっていて、 道に迷ってしまいました。  まるで自分の庭のように(!広い庭や~) 裏道・近道をびゅ~んと走ってたのに、 道そのものを忘れてしまってもいます。 

えっ?! 油小路通りって、 南北の道やったっけ? 東西の道やったっけ? なんや この 工事中の高速道路は・・・・? 建物も大分と変わったなぁ。 今 どこらへんを走ってるんやろう?

と、 ひとり車の中でブツブツ言いながら、 信号で止まるたびにマスカラ塗ったり ハンドクリームつけたり・・・・・。 朝ね、 弁当作ったり 洗濯したりしてるうちに 時間なくなっちゃって~。 え~い、 続きは車ン中で・・・って 出てきたもんでね。 危ないわなぁ。 免許貰いに行く途中で事故に会うたら、 シャレにならんかったとこや。

適当に 勘で道を曲がったり 川を渡ってたりしてるうちに、 気がつけば目の前に市バスが・・・。 運転免許試験場経由のバス! ラッキー!

試験場についてからは、 いつも通りの 流れ作業(?)。  ア・…っと言う間に手続きが終わり、 30分の講習です。  

今年の6月から、 今までの「普通免許」が 「中型免許」と「普通免許」に分かれたそうで。 知らんかったなぁ。 けどね、 6月までに免許を持ってた者は、 新たに免許を取り直さなくても 両方 運転できるんやって。 今日もらった新しい免許証には「中型」と書いてありました。

ふ・ふ・ふ。 ゴールド免許ですよー。 初めてや! 大事に使わな。

ところで、 ゴールド免許って、 金色の台紙なんやと思ってましたー。

違うんやね。

 

2007年11月29日 (木)

2%の頭蓋骨

話がもどるようですが、 ピアスの穴をあけたのは耳鼻科でした。 ついでといっちゃあなんだったんですが、 鼻がよくつまるので診てもらいました。 今日は、いっぺんレントゲンを撮ってみてみましょう・・・・ということで、 少し 午前中の時間をとりました。

鼻の奥の方は空洞になっているのだそうですが、あと2か所、 空洞になっているところがあるのだとか。  頬骨のところと、 眉間の少し上のところ。 それぞれ 左右2つずつ。

写真をみながら、 説明していただきました。

あのね。 この眉間の上のところね、 前頭洞っていうんだけどね。 あなたの前頭洞、 ほとんどありませんね~。

えっ? ない・・・・って?!

じ・・・・・っと写真をにらむと、 ホント、 あまりありません。 特に 右。

これは生まれてから13歳ぐらいまでに発達(?成長って言わはったかな)するんですが、 この過程で 頬骨や鼻の空洞で炎症が長引いた場合、 こんなふうに小さいままで大人になることが たま~~~に あります。

たま~~~に・・・・って?

そうですね。 人間のうちの2%ぐらい。

私は2%の中に 入ってるヒトなんや。 めずらしい頭蓋骨のもちぬしなんやな。

あのォ~、 前頭洞がないことで なんか不都合なコトが起きるんですか? 例えば、 ぼけやすいとか。  脳の病気になりやすいとか。

歌うときに 反響しにくいですねえ。

それでかー。 私、 カラオケとか苦手なんですよ~。

先生、 それには答えず、 頬骨のほうの炎症がかなりあるので ちゃんと薬を飲んで下さいよ、 と。 

その薬、 ビール飲んだ後でも 飲んでいいんですか?

かまいません。

その薬、 にんにく卵黄 とか 山人参黒酢 とかと いっしょに飲んでもいいんですか?

いいから、 ちゃんと 飲んでくださいね。  それから、 1週間後に ちゃんと来て下さい。 今日みたいに10日後、じゃなく。

はい~。

てなワケで帰って来ました。 ピンクのチャリで 。

今まで、 いろんな耳鼻科に行ったけど、 こんなふうに具体的に説明してもらったのは初めてでした。 納得できました。 ちゃんと、 薬、 飲んでみることにしよう。 もう完治はしないそうだけど。

けどなぁ。 2%、 とはなぁ。 そう言えば、 私、 親知らずも何本か 生まれた時からないんやった。 親知らずのタネというかモトというか、 そんなんを 歯茎の中に持ってないのだそうで。 これは、 何%なんやろなあ。

2%って、 宝くじに当たる確率より高いんやろか? 

   

2007年11月28日 (水)

息子の小遣い歴

お金足りひんねんけどォ~。

・・・って、先月、息子が2回ほど言うてきたことが ありました。 なにに要るって言うてたかなあ。 文化祭にからんでの飲食代やったかなぁ。 とにかく、 出してやらへんかったら、 友達との付き合いに 今後も入れて 困るんやろなぁって 思ったから、 2回合わせて4000円ほど 渡しました。

息子の小遣いは、 {交通費+私が弁当を作らなかった日の昼食代+クラブに要る費用}をのぞいて、 5000円でした。 「でした」というのは、 今月から値上げしたからです。  

先月渡した4000円ほどを、「貸す」ことにしようかとも 一瞬 思ったんですが、 そんなことしたら 今月の小遣いが1000円になってしまう。 貸すことにしなくても、 それに味をしめて毎月せびる子ではない(と思う)ので、 これはこれで「あげる」ことに。

高校生やったら、 いくらぐらいの小遣いをもらってるんやろう? ピンキリなんやろなあ。  ・・・・・・  と、 ここで 思い出したんです! 私が高校生だった時の小遣い額を。  私が高校生だったとき、 小遣いを 5000円もらっていたということを。  私が5000円もらってたのに、 ○十年後の高校生が 同額ではなぁ。  少ないんかな、 やっぱし。  

今回のような超過分は レシートとおつりを渡してもらうことにしてたんですけど、 これももう 私も息子も お互い面倒。 なので、 一気に10000円に値上げしました。 これで「足りひんねんけど。」は なしやで、 ということで。 

10000円って、 多いの? 少ないの? 相場がワカリマセン。

息子の小遣い歴は、 小学校2年生に始まります。 初小遣いは、 ひと月に100円。 ひと学年上がるごとに 100円増やして、 6年生で500円。 少なかったかなあ。 けどね、 おやつや文房具・本なんかは買ってやるし、 「ほしいもの」は、クリスマスと誕生日を待てば手に入るんだし、ね。 コインをにぎりしめて、 嬉々として ポケモンシールとかガチャポンを買いに行ってたっけ。 お金を使って自分で買い物する って経験をしてほしかったんです。 もっとも、 土曜日にまで学童保育に行ってた彼には、使う時間 なかったんですけどね。

中学生のときは、1000円ずつ増やしていったんやったかな。 学校の友達がね、 近江八幡とか梅田とか甲賀とか 遠いところから通ってたもんで、 遊びに行ったら 交通費が かかることかかること! で、 遊びに行く時の交通費は 半分小遣いから出してねと 言うてたんで、 中学時代の小遣いは、ほとんどそれに消えてたんだと思います。 ある時は、 三重県まで理科の調べ学習に行ってて(帰ってくるまで知らなかった!)、 無添加の漬物をお土産に買ってきてくれたこともありました。 いい子でしょ?

このころ、 家の手伝いしてくれたら 報酬 出すで、 1時間かかる仕事に600円、っという提案をしたことがありました。 しか~し、 600円もらうより、 お金足りひんのを我慢してゲームに興じる方が よかったらしく、 この案は 立ち消えになりました。 

えっ? お父さん族の 家事手伝いに、 小遣い増額? それは、ないでしょう。 だって、 ‘お駄賃’っていうのは、 社会人になる前の‘見習い’が もらうものなんですから~。   (*^_^*)  

 

  

2007年11月26日 (月)

朗読お茶会

朗読お茶会朗読お茶会

午後、朗読お茶会にいって来ました。

四条烏丸をちょっと西へ行ったところにある京町屋で、星野祐美子さんの朗読をききます。

今日は、源氏物語・桐壷。

尺八とのコラボです。

昔言葉の宮廷物語と尺八の音色。

ふたつが よりあって、町屋の二階を 流れているようで、不思議な午後でした。

2007年11月24日 (土)

フェステイバル練習 はじまりィ~ 

演劇フェステイバルの練習が 始まりました。

体を少し動かしてから、 発声練習。  ハミングするときは、 唇がふるえるもんなんだって。  知らなかったなあ。 母音uを長く出せない。 口の周りの筋肉、 衰えてきてるのかなあ。 

やばっ。

「あめんぼあかいなあいうえお。」  この次 なにか 知ってました?  じゃり研では、 これ、 あんまり やらなかった記憶。  「浮きもに 小エビも泳いでる」って言うんです。  知らなかったなあ。

話す(読す)ときにも、 高低があること。 今日の練習で 一番難しかったのは、これ。 頭ではワカル(ワカッテルと思う)んだけどね。 ‘できない’んです。  

く・や・し。 

今日の練習参加は、12人。  小学生・高校生・大学生 から 年配の方まで。 みなさん、 お上手で!  声にツヤがある・・・ていうんでしょうか。 あ、 なんか 前に こんなこと 経験してはるなって。 

小学生は かわいいです。 でもね、 子どもはストレートに上達する。 今日も、 先生(? 中田氏)の ひとことひとことで みるみる‘読み’が 変わっていく。 目にみえるようで。 これも勉強になるなあ、 別の意味で。

「わしらの祇園祭」という話のうち、 私は 6行を読みました。 その6行読むあいだに入るコメントの多いこと!  ここまで‘読み’をふくらますんやなぁ、なんて これも 新鮮。  

おもしろい おもしろい おもしろい! むずかしい むずかしい むずかしい! ほかのことは 一切 考えないで  過ごした‘時’でした。  

3時間の練習で、 緊張? どきどき? ハイ・テンション? よく笑ったし、 思いきり声 出したし、 一生懸命 聴いたし、 読んだ。 

で、 そんな いつもと違う精神状態でうちに帰り、 決まりきった吉本のジョークが なぜかとっても可笑しく・・・・・・???  

鍋うどんと饅頭を おなかいっぱい食べて くわーーっと昼寝したら、 もとのワタシにもどりました。

 

2007年11月23日 (金)

ちっちゃい子の事故

今日は、 ボランテイア研修でした。 

‘京あんしんこども館’というところで 乳幼児の事故防止について話を聞いてきました。 ‘京あんしんこども館’というのは、 京都府庁・赤十字病院の南にあります。 初めて行きました。 こんなとこ、 あったんやねぇ。

発達段階にそって、 よく起こる事故とその防ぎ方。 窒息・溺水・異物誤飲・転落・熱傷。  

息子が小さかった時の‘ビー玉を飲んだかもしれない’事件(?)を思い出しました。 職場からの帰りしに保育園によって息子をひきとり、 くったくたになって帰宅した6時半頃。 ちょっと目を離したすきに 息子の「おえっ。」という声が聞こえてきて、 びっくりして息子の周りを見るとたくさんのビー玉がーーーっ!! まだあまりしゃべれない時期だったので、 わけわからず、 救急病院につれていったのでした。 病院から帰ったときには、 晩! 夕食・おふろ、 どうしよう~~と、 泣きそうになってましたっけ。 病院では「しばらくは、うんちの中にビー玉が混じってないか 気をつけてみておいてください。」と言われたけども、 次の日は次の日のことに頭がいっぱいで、 とうとう ビー玉の行方はわからずじまいでした。

息子がやんちゃ盛りの時の‘クッションでトランポリン’事件(?)も、 思い出しました。 その頃は、 うちのクッションも まだふわふわで、 息子は その上でトランボリンのように飛び跳ねて 大喜びでした。 で、 ある日、 足がすべったんでしょうねぇ。 こけた顔の前に お膳が・・・・! 天板のふちが欠けていて、 そこに息子の下唇が当たったんです。 下唇の外側を 欠けた天板で、 内側を 自分の歯で 切りました。 病院の看護師さんが、 「えっ?! 貫通してるの?」と 思わず言うてしまわはった言葉に こおりつきそうになりましたっけ。 唇の両側を縫うときの 息子の叫び声! も~聞きたくありません。 

子どもの死亡原因 Best1は・・・・・。

0歳      先天性奇形・変形および染色体異常  

1~14歳    不慮の事故   

あらためて心いたむのは、 10~14歳の3位 と 15~19歳の2位になってる死亡原因が、 自殺だったことです。 (H15.人口動態統計)

あと、家庭で使える事故防止グッズ紹介 とか 心肺蘇生法の簡単な説明 とか チャイルド・シートを ISO  FIX 対応にする とか 平均余命の話 とか・・・・・・。

平均余命の話では、思わず身を乗り出したりなんか。 2006年の時点で 40歳女性の余命は、 47年、 ぐらい やった。 (メモが不確かなもんで ‘ぐらい’。) 

よしっ。 これからや。 今まで できひんかったこと、 いっこずつ やっていきまっせ~。

 

 

2007年11月22日 (木)

勝者に なれない。

きのうサッカー、 きょう野球。

これ、夕食の時に見たTV番組。 サッカー、 よかったですねえ! 星野Japanも 6ー0で快勝!  応援してるときは 力 入るんやけど。

自分自身が スポーツで試合するとき、 こ・れ・が あかん! (>_<) 

特に、 テニス・卓球・バレーボール・・・・・って、 なんでか わかります?

見えてしまうんです、 相手の顔が。  相手の「ぜったいに勝ちたい!」って顔が。 この顔が見えてしまい、 相手の「勝ちたい」気持ちがジンジン伝わってくると、 もうダメ。  

あんなに勝ちたがったはるんやから 勝たしてあげよう~、 って、 思ってしまうんです。 この勝負に勝たはったら、 あの人うれしいやろなあ・・・・って。 

スポーツやってる人から見れば、 これは、 ちっとも嬉しくないんですってねぇ。 お互い正々堂々と闘って勝つからこそ 嬉しいのであって、「勝たしてあげよう~」なんてェので 勝ったって 嬉しくない、 らしい。 

それは、 そうなんやろうけど・・・・・。

そんなに勝ちたいんやったら、 どーぞ。  って、 そう思ってしまう。 そしたら、 点、 とられてしまう。  

私もおもしろくないんだけどね、 そんな試合。

でね。 スポーツってェもんは、 勝つとか負けるとか そんなんじゃなくて、 一番大事なのは、 体を動かすことなんじゃないの?・・・・なーんて、 心の中で 威張ってしまうんですよねェ。

ボードゲームとかトランプとかTVゲームとかには、 ヒッシになるんですけど。

きっと、 スポーツで 勝ったことがないからでしょうね。 

あ、 恋愛とか 討論とか 仕事とかも、 そうかも。 もーいーやって、 思ってしまう。

‘逃げ’ かな?  

2007年11月20日 (火)

穴 あけちゃった♪

仕事をキャンセルしたわけでは ありません。

言うまでもないことですが、 ♪ねこ ふんじゃった♪ では ありません。

ピアスをするための穴をあけたのです、耳に。 

一大決心!

イヤリングするのが好きなんですが、 あれ、 すぐ片方なくなる。 それに、 店で、 あ これ いいな~、 と思うのは 必ずピアス。 だから、 いつも100円ほど支払って、 金具をピアス用から イヤリング用に交換してもらってたんです。 

でもね~、 片方なくならないように いつも耳を気にしていなくちゃいけない。  イヤリングして、 サングラスかけて、 イヤホンして、 帽子かぶって、 チャリに乗って風に吹かれたら・・・・・・、 そのややこしいことややこしいこと!  首から上が 気になること気になること!

春ぐらいから、 ピアスにしたいなぁって、 思ってたんです。 

今は あかんわ。 温度の高いときは 膿みやすいそうやで、 と 聞いていたもんで、 この季節になりました。

自分で 「あな、あけよう!」 と 思って出向いたわけですが、 コワイですよね~、 やっぱり。  近所の人が その耳鼻科に勤めてはったから、 ちょっと こころ休まりました。 

秋になったし、 穴あけに来たんかぁ~?

・・・・って、 声かけてもらったりなんかして。 さすが 近所です。 話 通じてます。

そんなに痛くありませんからね。

と、 先生のほうから言っていただきました。 さぞかし こちこちの顔、 してたんでしょうね。 

そんなに・・・・・・っていうのは? どんなカンジの 痛さですか?

そやねえ。 注射より、 ちょっと弱めかな?

そっか。 注射ね。 と、 ひらきなおりました。 なにしろ、 穴あけたいって思ったのは 私、 なんですから。

言うてみたら 「簡易ピストルみたいな形の 耳用ホッチキス」ってところ。 そんな器具を 先生が手に持って、

行きますよォ~。 ・・・・・ どきどき。 

バンっ!

一瞬でした。

ゴムパッチンみたいな衝撃が 耳たぶに起こって、 直後 じ~~~ん。 痛い~~~かな・・・・。  と、 数秒後に 痛みも消えました。

ファーストピアスが、 すでに両耳に おさまってます。 これから2か月は、このまま。 ということは、 このピアスでスキー ということやね。 

3日間 化膿止めの薬を塗ったり、飲んだり。 何週間か前にそぎ切りにした指先も消毒しないといけないし、 まあ 忙しいこと。

あ、 化膿止めの薬 飲むのに ビール飲んでて ええんやろか? 

ええ ということに しときましょ。     

 

2007年11月19日 (月)

生ジェフ 講演会

  • 午後、 息子の通う高校の保護者会総会の前に、ジェフ・バーグランド氏の講演会があるというので、 聞きに行きました。 演題は「14000人の教え子から学んだこと」。

テレビなんかでしか見たことなかったバーグランド氏です。 前から2~3列目の真ん中あたりで、 とくと拝顔し、 いえいえ、 話にひきこまれておりました。 ホンモノのバーグランド氏やから、‘なまジェフ’やなぁ・・・・なんて、思いながら。 スミマセン。 失礼ですよねぇ、人生のセンパイに。 けど、やさしい目をした方でした。 瞳があおいからというのでなく、 う~ん、視線の輝き方が。

それはともかく。 興味深く、楽しい話でした。 演題からはピンとこないのですが、‘異文化コミュニケーション’の話だったと、 私はそう思って帰って来ました。

‘異文化’というのは、なにも‘国と国’の間のコトに限らない。 ‘老と若’ ‘男と女’ ‘家族間’ ‘健と障’・・・・・。  それぞれの生活習慣や常識など。 誰もが14の文化(自文化=自分の文化)を持っており、 各々のコミュニケーションが、 異文化コミュニケーションと言えるんだそうです。

今 接している目の前の相手、 その人の‘文化’を感じるために 

  • Observe 五感を通して観察し  
  • Borrow  学ぶべきものを取り込み  
  • Integrate 新しい自分を創造する(取り込んだものを自分の一部にする)                ことが大切だとか。

それからね、 面白いなぁと思ったのは、 お互いを理解し合う方法っていうのかな。 それは、大きく分けて2つある、という話。

日本は‘受信者責任型文化’。 1を聞いたら 10を知ってあげなければいけない。 相手を察することが 大事。

アメリカなんかは‘発信者責任型文化’。 相手がわかるように、言葉や態度をつくさなくてはいけない。 表現することが 大事。

どちらが いいとか、 そういうことではなく、 これは文化の違いなのだと。 そういう発想が 新鮮! 

あとね。 

10のうち 9ができても、 できない1が気になり、「できない。」と言うのは日本人に多い。 反対に、 10のうち1できたら 「できる。」と言うのは アメリカ人などに多い。  Can  you  speak  English?  と訊かれた日本人が  No.  と答えるのも、 そこからきてるんじゃないか・・・・ってね。

そう言われてみたら、 そうかもねえ。

こういう講演を聞くのは、 好きです。  自分では気がつかなかったものの見方とか発想が、 私の頭や心を 少しずつ開放してくれる気がする。

バーグランド氏の本を売ってたのですが(しかもサインしてもらえたんやけど)、 ぐっとこらえました。 まだ読んでない本が 山積み状態なもんで。 しばらくは、 TSUTAYA通いも がまんして、 本 読んでしまいましょう♪  

   

2007年11月18日 (日)

予定変更、木枯らしのため?

本当なら、 

今日は、 寂庵へ瀬戸内寂聴の法話を聴きに行く予定やったんやなぁ、 私としては。 そのつもりで、 スケジュール帳に「寂庵・500円」って書いといた。 

女性週刊誌(名前、どれやったやろう? 3つぐらい あったねェ。)の中に 瀬戸内寂聴の話が書いてあるでしょ?  美容院や病院とかで、 そのコーナーをよく読むんやけどね。 「あなたも、 寂庵の法話の会に来ませんか?」みたいなこと、 書いてあったもんで、 申し込んだんですー、 往復はがきで。 京都に住んでるんやから、 週刊誌で読むだけやなくて、 実際に 聴きに行ってみよう・・・・・ってね。 楽しみにしてたんやけどなあ。

帰って来た「復」の葉書には、「応募者多数のため、今回は、落選となりました」と 書かれてありました。 ざんね~ん! ま、 ホンマに寂聴さんの話を聴くまでに もうちょっと人生経験つめよ~・・・・というコトなのかもしれへんな。 そう思って、 法話の会は あきらめました。

で、 先日、 

‘Livinng’という地方の情報新聞の中に、 探鳥会が18日にあるというのを 見つけました~♪  おっ、 そうや! バードウォッチングも やってみたかったんやった!  場所は、 御所。 即、 スケジュール帳に加わった「探鳥会・双眼鏡8~10倍」というメモ。

ところがや。 

今朝、 なかなか起きられへん。 な~んか 体 重いし 眠たいし・・・・おまけに、布団の外は かなり寒そう。  

そう言えば、 何週間か前 実家に帰った時、 母が言うてたなぁ。 あんな、 なんぼ好きなコトでもな、 そんな いっぺんに なにもかも やろうと 思わんでもええやろ? しんどくなったら、 楽しくないやろ?

そうやなぁ。 と、布団の中で考えた。 今年は、 朗読・Yoga・ボランテイア・薬草の会 に しとこかな。 2月の公演練習も 近々 始まることやし。 実際、 最近、 めっちゃ眠たいねん。 

・・・・・・と、 いいうわけで、 探鳥会は先延ばしということに~。

結局、 

午前は いつもの家事のあと、未読の新聞3日分をじっくり読むのに費やし、 12時からは 東京女子国際マラソンを TV観戦。 

久しぶりやわぁ、 お菓子食べながら マラソン応援するの。 ぼりぼりバリバリ 食べてんのに、 気分はマラソン。 野口みずきと一緒に走ってましたがな。 こたつの中で、 力はいった足がピクピクしてきたりなんかして。 

外では、 すごい風の音。 洗たくもんが ほとんど裏返ってた。 なんでも今日は、 木枯し1号が吹いたとか。 探鳥会に行ってたら、 めっちゃ寒かったとこやったわ。 TVの前にいて正解やったかもしれんな。 

・・・・・・・・と、 自分に言い訳しながら、 のほほ~~んと過ごした日曜日で ありました。        

2007年11月17日 (土)

Hot Yoga 70分

午前中は、 ほぼ2週間ぶりのヨガ。

秋から、新しく70分コースというのができていて、今日はじめて この新コースにチャレンジしてみましたー。 これは、鏡を見ないで 自分の感覚で体を動かしていきます。 ちょっと不安。 ちょっと ぐらついたりなんか。 

で、 ふだんより時間も10分ばかし長い。 1リットル持っていった水が とちゅうで足りなくなりました。 

今までと比べて、 ことさらに しんどいとか 疲れた~とか 思わなかったんですが、 家に帰って お昼を食べて 藤沢周平の文庫本なんかを読んでいたら・・・・、 もう無性に眠たくなってきました。  前の晩は、めずらしく8時間も睡眠をとってたのに、です。 いえ、 けっして藤沢さんが 私の眠気を誘ったのではありません。 久しぶりのヨガだというのもあるのでしょう。 ケータイの着信音が鳴るまでの 1時間半もの昼寝タ~イム!でした。

体も心も デトックスできたやろか?

2007年11月16日 (金)

すぐき の 収穫

寒くなってきました。 Photo

きこえます? 冬の足音。 ひたひたひた。

となりの畑で、すぐきの収穫が始まっています。

トラックに積んであるのも、すぐきです。

去年は、 年末ぎりぎりまで、 日暮れて 真っ暗になるまで 収穫したはったけど、 今年は 早くからの作業です。 もう半分ぐらい済んだかな。

正月頃には、 りっぱな(?)漬物になって 食卓をかざるのでしょう。

この畑、 次は なに畑になるんやろう? 

2007年11月15日 (木)

朗読公演に わくわく!

まだ先のことなんですが、 

2月に KYoto演劇フェステイバル」 というのが あります。

第29回なのだそうです。 こんなフェスが あること自体 知らなかったんですけど。 

なんで、 今まで興味のなかったようなことを書くのかというと、 このフェスに 今回は 特別企画として朗読公演を 取り入れるということを聞いて、 応募してみたからですー。

朗読公演は、

    2月23日(土)  15:00、 19:00

    2月24日(日)  13:00、 17:00

            京都府立文化芸術会館にて

今日は、 そのオリエンテーション。 いい天気だったので、 チャリでひゅ~んと 行ってきました。 寒くなるんだろうなぁ これから、 冬に向けてのチャリ40分。 今月末あたりから、 ひと月に6回ほど 練習があるようです。 もちろん、 今までの カルチャーセンターでの朗読講座も 月2回。 来年4月からの読み聞かせボランテイアのため、 研修もあります。 

忙しい冬になりそうです。 

のど、 気をつけなくっちゃ。

話をもどして、 この公演、 「観て、聞いて、楽しむ演劇」として作品を創っていくのだそうで。  動きながら 読む・話す場面も あるかもしれません、とは 演出の中田さん。 (演出してくださる方のことは、「先生」とよぶんでしょうか? 今まで 私が生きてきた畑とは ちょっと違うので、 そんなことさえも 戸惑ってしまいます。)  まあ言えば、 今度 体験するのは、 朗読と演劇のあいだ、 ということなのかなと 自分なりに理解して 帰って来ました。

おもしろそうです!  やったことないことを プロに演出・指導してもらって 400人入るホールの舞台に立つ。 そう思うと わくわくしてきます。 まー、 メンバーが73人もいるそうだから、 セリフも ちびっとで 舞台の端に立ってるだけになるのかもしれないけど。 それでも、 わくわく!

どんな練習なんだろう? 最後まで ついていけますように!

出演が ちゃんと決まったら、 また書きますね。 

観に来て下さいね~。 今度は、 チケット代が いるそうですけど ♪  

2007年11月14日 (水)

これなにかわかる?

Photo これ なにか わかる?

図形の証明問題と悪戦苦闘している中二の子に、声かけてしもた。 後期の中間テストが、 またある。 試験範囲を早くも教えてもらった と聞いたもんで、 彼が問題を解いている間にと、 ケータイのスケジュールをあけたら、 この写真がとびでてきたのだー。

え~、・・・・・・ わかりません。   

と、 律儀に答えようとしてくれた彼。 ごめんごめん。 三角形の合同条件のうち、 どれがあてはまるか、 考えてたのになあ。 この写真は 解からんでもええねんで。 

けど、 気になるやろ? 言うたげよかぁ~? これな、 毛糸の帽子やねん。 (えらい 話題をおしつけてるなあ。)

・・・・ あ、 そう言えば、 毛糸の帽子に見えます。

と、 話を合わせようとしてくれている。 やさしいやっちゃ。 そんな気ィは、 つかわんでも ええのに。  もう 黙っとこう。  家庭教師が 勉強のじゃましたらあかん。

けどな、 ここまで書いたら、 続きを書きたくなるのが 人情っちゅうもんや。 こんな時のために、 ブログがあるんやもんな。

あんな、 こないだ、 北山通りでケーキセットを食べた帰りにな、 Roop っていう編み物手芸屋さんをみつけてん。 毛糸の帽子で ええのが ないかなあって思て、 フラァ~って入っていったら・・・・・、 あったんや。 ええカタチの 毛糸の帽子。  

ピンクかぁ。 ええ色なんですけど、 私は、 黒が 欲しいなあ。 ピンクのと同じカタチの黒! あ、 サイズは これより ちょっと小さめ。

って言うたら、 

お作りしますよ。

やって♡   オーダーメイド、 っちゅうやつやな。 一品もんやで。

2~3日後に とりに行ったその帽子は、 ほんまに あったかい!  新しい帽子がうれしくて、 風のあたらない車内ででも どこへ行くにも この帽子をかぶってま~す♪ 

自分で編めたら いいんやけどね。  (^_^;)

      

2007年11月13日 (火)

四捨五入

もォ~~~っ! わっけ わからへん! ししゃごにゅうって、 なんなん?!

玄関あけるなり、 そう言ったNさん。

えっ? もう「およその数」やってんの? Nさんのクラス、 勉強進むのはやいなあ。 「計算の順序」も 終わったん? 先週は「三角形」やったやん。

今、 4年生は、 人口や面積なんかを 四捨五入して概数であらわす勉強をしています。

あんな、 となりのクラスの勉強が ものすごう 進むのが速いねんかぁ。 そんで、 先生が「計算の順序」は あとでする・・・って言わはってん。

なるほど。 よくあることなんです。 冬休みまで あとひと月半やもん。 夏休み終わって、 すぐに運動会の練習・前期の成績つけ・学芸会・クラスによっては研究授業なんてのも入ります。 気がついたら、 あと ひと月半、 なんですよね。 もちろん 年間計画は どの先生も4月に立てて、 校長に 提出したはるんですけどね。 なんせ、 相手は人間です。 予定通りにサクサクとはいきませんわな。

で、 Nさん。 今日の宿題のうちのひとつが、 算数の四捨五入プリントなもんで、 とにかく今日は この際 「四捨五入」を理解して帰ってもらおうと、 予定してたプリントをひっこめました。

下の位が 4より小さいときは 切り捨てて、 5より大きいときは 切り上げるんや。 その境目が 4と5で分かれてるやろ? そやし、 四捨五入って言うんやで。

へーーーー! そーやったんやー。

学校でも、 やったハズやねんけどなぁ。  

18524。

「千の位四捨五入しなさい」やったら、 一・十・百・千の位は 0になるんやで。そやし、 答えは 20000。

うん。 

「千の位までの概数にしなさい」やったら、 一・十・百の位だけ 0になるんや。 そやし、 答えは 29000。

なんか、 わかった。 もう 問題やっていい?

もーちょっと、 聞いてからや。 問題のなかで「千の位」と書いてあるのと、「千の位まで」って書いてあるのとでは、 答えが違うんやで。

へーーーーっ! そっかぁー。

現場で教えてるとき、 「4以下は捨てて5以上は上げる」は わかるのに、 なんで 四捨五入の正答率が低いのか 不思議に思ったことがありました。  これか・・・・・。

ようするに、 日本語のモンダイだったのですね。  論理的に 文章を読み取る力・・・・って言うていいんでしょうか?   人間って、 だいたい(だいたい、ですよ) 9~10才くらいで 抽象的思考ができるようになると言われているんです。  でもね、 これは ややこしいです、 はっきり言って。 問題の出し方(問題文章の吟味)も しなくてはいけません。

Nさん。 その後も、 「へーーーっ。」が あと1回。 これは なんやったか忘れましたが、 たくさんの「へーーー。」を聞くことができて、 今日は 嬉しい!  なんせ、 去年は、 いつも ‘勉強したくない&説明ききたくない’オーラが わさわさ出てましたから。 

ちょこちょこ間違うけれど、 まあ なんとか 四捨五入の意味とやり方は わかってもらえたかな。

でも、これは「ワカル」段階。 このままほっといたら 力がつきません。 つまり、 テストで点をとれないっていうこと。 わかっているのに点がとれない。 これが続くと、 こどもは 自信を失います。 「ワカル」ためにつかった時間・頭・心が もったいない! 

忘れないうちに、 何回も練習問題をして 定着させる段階が 大切です。 この「練習」時間が 今の学校では なかなかとれないんです。  何回も何回も 練習して 力をつけていく。 それが、 本当の「ゆとり教育」なんやと、 私は思っています。 土台の力をつけないでする「総合」は、 どうも、 私には 賛成できまねます。 まー、 もうすぐ また 変わるそうですけど。 (ころころ変えるのも ・・・ なぁ。)     

2007年11月11日 (日)

時の流れに身をまかせた木

5月だったかなあ。

叡山電鉄・三宅八幡前駅のそばに、 小さな白い花の咲く木があります。 

かわいい花でね。 

私は 好きだなあ。

写真撮ったんだけど、 行方不明。

なんの花か、 わかる?

9

 9月。

 そうそう。

 これは、 柿の木です。

 これから先が楽しみな、 青い実。

Photo 11月。

おいしそうに おもたくなりました。

一番に試食するのは、カラスなんですけどね。

ひとつひとつの 小さな花にも、

時が流れていったんだな。

叡山電鉄・三宅八幡前駅そばの 柿の木。

2007年11月10日 (土)

感情の扱い方

先日、 妙な体験をした。 

「夕凪の街  桜の国」という映画の上映会・ご招待券をもらったので、 観に行った時のこと。  被爆者とその家族の2007年に至るまでの戦後。 原爆で自分が生き残ったことに罪悪感を感じる女性の話から始まる。

私は、 映画を観て、 話の筋を追い 登場人物達の‘想い’に入り込んでいたのだけれど、 同時に、 最近の自分の‘想い’を辿ってもいた。 頭の中で、 映画と私、 二つの話にそった二つの想いが 同時進行していた。 映画の中の登場人物の言葉や想いがきっかけとなって、  私の感情をふくらませた。  涙が とまらなくなった。 映画の登場人物の気持ちに入り込んではいたんたけど、 涙は 彼女たちへのものじゃなく・・・・・、 自分への もどかしさへのもの。 いえ、 決して 映画がつまらないとか 私の方が悲しいわとか、 そんなこと 思ってない。 だけど、 涙はとまらない。 とまらないまま、 映画の話は進んでいく。

なんだったんだろうね。 映画館で涙するなんて、 私には ない。 これ ホント。  ひとりで 観てたから、 というのも あるかな。 心が いい具合に ゆるんでいたのかも。

話かわって、 今日は、 読み聞かせボランテイアの研修会。

子育て中のお母さん(保護者)の いっぱいいっぱいの気持ちを受け入れるっていう話の中で、 じゃあまず、「自分自身の感情を自覚し コントロールしてみよう」という話(ワーク)が あった。 

例えば、 買ったばかりの新しい靴を 故意に踏まれたとき、 自分は、 怒るだろうか? 怒るかもしれないだろうか? 別に怒らないのだろうか? そうだとしたら、 なぜか?  

そういう自分の感情の動きを自覚すること。 そして、 その感情を 言葉をつくして表現してみること。 これは、 心の健康度を高めるのだそうだ。

ちなみに、私は「怒る」 <(`^´)>  新しい靴を故意に踏むということは、 新しい靴を履いた時の気持ちを踏みつけることだと思うから。  「怒らない」と言った人の理由で、 こんなのが あったそうだ。 自分の人格を踏みつけられたのなら怒るが、 靴はボクじゃないから、 だそうだ。 なるほど~。

ストレス対処法のことを 専門的には‘コーピング’というのだとか。 初めて 知った言葉。 

コーピングは、 人それぞれだけど、 自分や他者を傷つける方法は ダメ。 匿名メールで中傷するとか。 それと、 飲酒・喫煙・食べる・買い物・ギャンブルは、 ほどほどに。 まあ、 それは そうだ。

ギャンブルは 無縁だなあ。 買い物すると すっとする、 というのは 最近 気がついた。(おそい!)  飲酒。 気をつけよう  (#^.^#)  泣くのもいいらしい。

ということは、 このあいだ 映画みて 涙がとまらなかったのは、 心の薬だったんだな。       

 

  

2007年11月 9日 (金)

学習発表会

去年&おととし、 担任補助でパート(?)してた学校の学習発表会を観に行ってきました。 

京都市では、 ひとクラスが30人以上の低学年クラスに 担任の補助がつきます。 1年生は 1週間に28時間勤務(拘束)で 1年間働きます。 2年生は 1クラス 1週間につき 10単位時間(45分×10)ですが、 おもしろい(おかしい)ことに 2クラス分を ひとりが かけもちで補助すると、 1年生と同じで 28時間勤務となります。 この28時間勤務、 子ども達の授業時間よりも多いので、 残りは 担任の先生の他の仕事の補助をします。 そして、 2年生は、 夏休みまで。 

私は、 2年生の補助を。  家に帰るとすぐ 座る間もなく、朝のかたずけ と 夕食の準備。 だいたいできたころに、  塾の子が やってきます。 塾の後で 家庭教師に行く日もあり、 これが毎日 一年間続くと・・・・・、 フルの仕事辞めたイミがありません。 だから、 2年生。 

さて学習発表会。 学校の中で、子ども達に「せんせい。」と呼んでもらえるのは、 うれしいもんです。 背中も心もシャンとする。 

休憩時間に、 3年生たちが「せんせ~い」と手を振ってくれたので、 近くに行くと 「ひさしぶりやな~。」「げき、みてくれた?」という言葉のあとで、「えっ? この人だれやったっけー。」 と大きな声。 失礼な! 覚えてへんのかいな。 ようケンカしてたんを 仲裁にはいったげたやろ?  「ホンマは覚えててるのに、 忘れたフリしてるんやろ?」  「え~~、 ホンマにわからへ~ん。」 という彼の笑った目が 語っていました。 「おぼえてる おぼえてる。」と。

3年生の後ろに4年生達。 この学年の子たちが2年生の時、 私は、 持ち時間の10時間を 3クラスに分けて授業に入っていたので、 子ども達の名前を ほとんど覚えていません。 ごめんねぇ。 子ども達にとっても、 私の存在は薄かったでしょう。 でも、 ニコニコして 遠巻きに立っています、何人か。

「劇、 じょうずやったよ~~。」

「・・・・・・・。」  ふしぎそうな顔。

「声も よう聞こえてたし。」

「・・・・・・・。」  にこにこ。

と、 そこで休憩時間のおわり。  幕があいて出てきたのは、 なんと、 その4年生達なのでした。 (・_・;)  はじめに見た4年生の劇は、 遠巻きにニコニコしてた4年生達とは別のクラスの子達だったのでした。 確かめたらよかったねぇ。 ほんま、 ごめんねぇ。 けど、 おこらないで  にこにこして 私のそばにいたんです。  やさしいでしょ?

小学校と同じ敷地内に 幼稚園があって、 そこの園児たちも 見に来ていました。 近くの中学校の2年生は 今 チャレンジ期間中らしく、 何人かが 保育体験で 来ていました。 劇と劇のあいだのクイズタイム(高学年が進行する)では、 園児そっちのけで クイズに興じています。 おいおい、 保育士の仕事を体験してるんやろ? って、 なつかしいんやろな。 小学校が。 

1年生は かわいい!!  もう 一生懸命!  「おじさんのかさ」っていう劇だったんですが、 おもいっきりの声で セリフ言ってる。 先生に 「じょうず~~。」って 褒めてもらいながら、 「もう小学生ですよ。」っと叱咤激励されながら、 練習したんやろなぁ。 大きな傘の柄を一心に見ながら、 傘をまわしたりね。  

「おじさんのりっぱなカサは、 りっぱにぬれていました。」っていう 最後のセリフが気に入った。  好きです、 こんな言葉の使い方♡

 

 

2007年11月 8日 (木)

ペーパー会議

さっきから なに やってんの?

と、 声かけられて 右を向いたら、 近所のSさん 私に向かって手を振っていた。 

夕方のコーナン。 トイレットぺーパー売り場。 目の前に トイレットペーパーをじーっとにらんで 動かないを 発見しはったのでした。

さっきな、 うちに帰って さ~晩御飯つくるその前にって トイレに入ったらな、 トイレットペーパーが あと ひと巻きしかないのに気ィついたんやー。 えらい ことや。

私はな、 台所の洗剤や。 これも 困る。

そんでな、 どのトイレットペーパーが お得なんかな~と思て 考えてたんや。 夕方になったら、 割り算の暗算が くるしいわ。

迷うよな~。 うちも もうすぐ なくなるから 買うとこ。

スコッティがいいか、 エリエールがいいか、 それとも一番安いのがいいか。

安いのは 家族から文句出るで。 ゴワゴワやし。

そっかー。 それにな、 安いと思って買うたテイッシュの箱が アリの巣化してた時も あったんやで~。

ゲゲーーーっ。

そやし、 一番安いのは やめとくわ。 却下!  シングルとダブルが おんなじ値段なのは、 なんでなんやろ?

長さが違うんや。 シングルで慣れた家は、 ダブルを買うたらあかんで。 シングルのつもりで ダダダーーーっと 使ってしまうし、 はよ なくなる。

なるほどーー。  ほなら うちは シングルやわ。

・・・・・ということで、 うちとSさんちの 次のトイレットペーパーは、 スコッティのシングル、 ということに あいなりました。 めでたし めでたし。

   

2007年11月 7日 (水)

レレレの おばさん

昔さぁ、 「おそ松くん」っていうマンガ、 あったやん?

あの中に、 レレレのおじさん というキャラが いたの、 覚えてるかなあ。 「おそ松くん」やったと思うねん、 たぶん。  

家の前で いっつも ホウキ持って 掃除したはるおじさん。 セリフは、「レレレのレ~~。」 とか「おでかけですか?」とかしか なかったように思うんやけど・・・・・。 チビタとか イヤミとか ラーメンの小池さんと同じぐらい、 強烈なキャラやった。

なんでこんなこと書くのかというと、 私な、 ときどき 家の前を掃くんやけど、 その間に いろんな近所の人が 通っていかはるんや。 犬の散歩とか 学校や会社からの帰り道とか 子どもの送りむかえとか ウォーキングとか・・・・・。 そしたらな、 たいがいの人が、  知ってる人も お互いに知らん人も、 掃除してる私に 話しかけていかはる。  「庭の手入れ、 大変やねぇ。」とか 「ええ天気やなぁ。」とか 「行ってきま~す。」とか 「暑いわぁ。 ああ、 しんど~。」とか。 

ここって そーゆーとこなんや。 

ここの自然や静かさも そうやけど、 こういう あんまり カベのないとこが 気に入ってるねん。 

でな、 私も、 話しかけられたら 言葉を返すやろ? ホウキ持って。 「お出かけですかぁ~?」って。 な~んかな、 レレレのおじさん、 あ ちゃうちゃう、 レレレのおばさん に なった気がしてるんやわあ、 最近。 

あ、 おばさん とも ちゃうんやった! おねーさんや!!

秋も深まってきて、 掃き寄せる落ち葉も 色とりどり。

  紅(あか)もえて  木枯し待つ身の 落ち葉かな 

なーんちゃって、 なーんちゃって、 なーんちゃって。  

2007年11月 6日 (火)

そうなんですかー!!

今日は、息子の個人懇談の日。 高2なんで、 まだ3者懇談ではありません。 中間テストの結果を中心に 進学のことなど、 話しました。

どォ~んと下がった今回の成績は 本人から聞いていて(聞き出していて) 知っていたのですが、 担任の先生から改めて聞くと どっきりするもんですなぁ。 毎日 勉強してるみたいやのになぁ。

「大学、 理数系に進むか 文科系に進むか、 かなり 迷っておられるようですよ。」

「えーーーっ! そうなんですかー?!」

私は てっきり、 息子は理数系に進もうと思ってると、 思ってました。 

「今回のテストの結果、 数学で点とれなくて、 反対に国語系が良かったから・・・・とかなんとか、 言うておられましたけど。」

言ウテオラレタ・・・・って、 そんな、 今回一回のテスト結果だけで  迷うかー?  単純なやつやな。 けど、 知らんかったわ。 そんなん、 思ってること。 ここんとこ、 頭ン中は、 朗読・薬草・庭・畑・チャングム・塾・・・・。 自分のコトで 埋まってたからなあ。

「けど、 本人のコトなんで、 本人の進みたいようにしたらいいと 私は思ってますし、 本人が悩んで決めるでしょう。」

「まあ、 今週中に 来年度の選択科目を決めないといけないんで、 家の方も 話を聞いてあげて下さい。」

「はい。」

・・・とは返事したものの、 「あ。」とか「う。」とかしか言わへんヤツやからなぁ。 私も、 あんまりゴチャゴチャ言うの、 嫌いやし。

だけども・・・・、 担任の先生が せっかくおっしゃってたことだしと、 一応 帰宅した息子に 話を向けてみることに。 「理数系にするか、 文科系にするか、 悩んでるんやって?」 と。

そしたら、 なんと、 話し始めた我が息子。  へぇ~~、 しゃべるんや。

一回のテストの数字だけで決めんと 大学で何を研究したいのかを考えた方がええんちゃうん? とは言うたものの・・・・、 まだ わからんのやろなあ、 「やりたいこと」なんて。  自分の17歳のころを思い出しても、 それは わかる。 けどもや。 やっぱり 親としては そんなヒントを出してやっても ええやろ。 

進路の話をカワキリに、 けっこう口数の多かった 今日の息子なのでありました。  小沢さん、 やっぱし続けはるみたいやで、 とか。  阪神に、 日ハムから 金村投手が入るそうやで、 とか。

  

2007年11月 5日 (月)

の~んびり薬膳

Photo 美山町で薬草教室があるというので、 昨日、 幼なじみ(?)のTaちゃんと 参加してきました。  美山町は、 京都府の北部・福井県との境あたりに位置します。 

8時50分・JR園部駅西口集合なので、 ま~早起きしたこと!  とりあえずは、 高校駅伝・京都府予選に出るという息子の昼ご飯を作っておいて、 6時半に家を出ました。  そう、 お察しの通り、 息子の応援よりも 自分の楽しみを優先した・・・・というコトで・・・・・。

園部駅からマイクロバスで 約1時間。 到着後、 自然文化村で 薬草や美山町の説明を聞いてから、 山道に出ます。 

Photo_2 やはり美山町、 京都市よりも よう冷えてます。 紅葉が始まってました。 特に‘紅’は 鮮やかです。  秋は、実り。 冬いちご・野ぶどう・サルトリイバラ・むかご・・・・・。 写真は、 野ぶどうです。

リンゴも おいしそうに 万有引力してました。 ここは、 リンゴの 最南端だとか。  店で売ってたりんごは、 買わへんかったけど 試食した。 美味しかったわぁ~~~。 

「せんせい、 これ、 なんという名前ですか?」

Photo_3 「せんせい、 これ、 食べられるんですか?」  (出たっ!)

誰かが何かを見つけるたびに 呼びとめられるので、 先生、 大忙しです。

昼食は、 自然文化村内の河鹿荘で 薬膳料理をいただきました。

   ・食前酒  あけび酒 & 紫蘇枇杷柿酢汁   

   ・先 漬   豆乳豆腐 (くらかけ豆・べっ甲あんかけ)   

   ・向 付   鰆の くみ湯葉かけ(じく三つ葉)   

   ・煮 物   五目飛龍頭(ほうれん草ぞえ)   

   ・焼 物   鰆味噌漬 エリンギまき、 市松丸十、 鯛金紙巻き

   ・御 飯   紫蘇の海苔巻   

   ・温 物   なめこ蕎麦

大豆は、 健胃・血流の促進・健脳・老化防止・肝臓病の改善に いいらしい。 紫蘇は、 精神安定・安眠・食欲増進・貧血に いい、 なんていう説明もしてくださいました。 へぇ~~~って 感心して、 そんで すぐ忘れるんですけどね。

研修室に戻って むかご入りのドーナツと薬草茶をいただき、 お土産には 自分の欲しい薬酒と地元の有機野菜をもらって 帰りのバスに乗りました。 エンジンの振動と くねくね道の揺れが なんとも うたたねに 最適!

今日は、 美山でもらった薬酒を飲みながらのブログ更新です。 私がもらったのは、 胡麻木酒。 ゴマキという木の果実を漬けこんであります。 美容・精神安定・利尿に効くのだそう。 なんで これを 選んだのかというと、 「美容」という2文字が 私を呼んでたからで・・・・・。 はい。 28種類の中から選ぶんですよ。   味? う~~~ん。 びみょー。  薬やし。

この日帰りツアー、 6500円也。  冬は、 1泊で「田舎の生活体験教室」というのを しはるそうです。 ただし、 平日。

あ~~~、 のんびりした。 (*^_^*)

 

   

2007年11月 3日 (土)

拓郎おじさんの作物育成法

今日は、ばあちゃんのお伴で 亀岡の畑に行ってきました。

Photo といっても、 私は腰痛持ちなので、 力仕事は 85歳のばあちゃんに おまかせ(?)。  ほんま、 ばあちゃん、 元気やねん。 感謝です。  

で、 私の仕事は、 ①自分の欲しい野菜を採る  ②ばあちゃんが採った里芋を 土をとってから 並べる  ③収穫した野菜を 車で運ぶ  ④ブログ更新のために写真を撮る  ⑤カマキリをからかう・・・・・っとまあ、 こんなところでしょうか?

里芋の収穫を、 私は、 この畑で初めて見ました。  今日 ばあちゃんが掘り起こしたのは、 唐芋という種類の里芋です。  この茎が、 ズイキです。 お揚げと炊いたら美味しいし、 酢の物にしても 色がピンクになって シャキシャキ感たっぷり!  ズイキ(茎)の下に、 大きな頭(かしら)芋があって、 その周りに 小芋がついています。  今年は、 去年よりも収穫減。 連作したためだそう。 明日のおでんには、 今日とった頭芋と人参も 入れようと思います。

私は、 畑のすみで、 ばあちゃんの話に時々うなづきながら、 もくもくと芋の泥を落としてる。 いろんなコト考えながら、 思い出しながら、 時には 都合いい妄想で地面にむかって ふふふと笑ったり。 えっ? アヤシイって? まあまあ。  ・・・・・とその時、 近づいてくる懐かしい歌。  

♪ゆかたのォ~ きみィは  すすきの かんざ・しィ~~♪

「こんにちは~~、 がんばったはりまんなぁ。 芋 ぎょうさん できてますか~?」

年季のはいったラジオを ビニール紐で 首からかけたおっちゃんが、 声かけてきはります。 

「それ、 吉田拓郎ですやん。」

と 言うと、

「そや。 わかるかぁ?  わしな、 歌ききながら畑すると 調子でるんや。 畑の野菜もな、 な~んも もの言わへんけどな、 歌きかしたったら 育ちかたがちがうんやで。 おいしい野菜が 大きく 育つ。」

この 拓郎歌・大好きなおじさんによると、 牛も 歌を聴かしてやると 喜ぶんだそうです。  おじさんが 牛舎にいくと、 歌きけると思って みんな(牛たちのこと)が 寄って来るのだとか。 あ、 なんか、 これ、 テレビでも 放送したはったような気がする。  おなかの中にいる胎児に モーツアルトを聴かすようなもんやな。 私は、 そんな余裕なかったけど。

「へぇ~~。 あんさん、 吉田拓郎て、 ハイカラなもん 聴いたはりますんやなあ。」

おばあちゃん、 その曲な、 もうハイカラとちゃうで。 

心の中で 言うときました。Photo_3

Photo_2 あ、 それから、 昼御飯食べた‘和(なごみ)’という小さなレストラン。 素敵だったので 写真を 載せておきます。 裏の畑でとれた野菜を使った お惣菜を 食べられます。

 

 

2007年11月 2日 (金)

また中日や

また この時期、 落合監督のインタビュー場面、 テレビで見てるわ~。

クライマックスシリーズに参戦できて、 おっ阪神 優勝! 今年のメイクドラマは 阪神タイガースや~~・・・・って、 期待に胸をわくわくさせてたっちゅうのに・・・。 スパーっと負けてしもてからに。

ま、ええか。 阪神は来年や。 原監督も いっぺんしりぞかはったりなんかしたから、 久しぶりに 巨人が 日本一ならしてあげてもええなぁ~~、と 思ってたら、 セ・リーグ代表は 中日や。

そやなあ。 けど、 やっぱし 日本一は 日ハムやろ。 「しんじられな~い。」っていうの、 また 聞きたいしな。・・・・と 思ってたら、 中日ドラゴンズや。

私の予想は、 ことごとくハズレたわけや。 はぁ~~~~。 ~~~。 ~。

話かわって、

ダルビッシュに似てる彫刻、 見たことない?  ダビデ像? ギリシャ文化? ルネッサンス? あの、 ほら、 裸の・・・・・。   

2007年11月 1日 (木)

今井食堂

鯖煮定食を 食べたくなって、 学生時代を過ごしたなつかしい上賀茂へ行ってきました。 上賀茂神社横の 今井食堂。Photo

じゃり研の先輩に連れられて、 一度 行ったことがあるだけの定食屋なんですが、 去年 友達にメールしたら 意外と 反応大だったもんで、 ブログに書いてしまおう!と。  

そう思い立ったのは、 おいしそうな鯖煮定食が きてから。 おもむろに カウンター席を立って、 マイ・ケイタイでカシャッ。 こうやって写真撮ってみると、 御飯 多かったのね。 

ここのサバは、 味噌煮ではなくて 醤油煮。 口に入れると ふわっと みがPhoto_2 くずれて やわらかい。 なまぐささもなく、 しっかりと味がついてて 美味しいです。 ‘ごはんのおかず’って かんじ。 たっぷりの味噌汁と漬物が つきます。 この日の味噌汁の具は、 大根と揚げでした。

鯖煮定食 630円。  鯖コロ定食 788円。 ちょっとは値上がりしたのかな。  他にも あったけど、 忘れてしまった。

去年 行ったときは春休みだったせいか、 ガイドブック持った観光客が多かったように思ったけれど、 今回は 学生とか近くで働いておられる方とかで席は埋まってました。

私が座ったカウンター席前の壁には、 ヤクルト元監督・古田の新聞記事が いっぱい貼ってありました。 古田元監督も大学時代に よく今井食堂に来たはったとか。 立命館大学の学生も あの辺に住んだはるんやねえ。Photo_3

帰り道、 ついでに 竹の湯の写真も撮りましたー。 キッチンポット? あ、 撮るのわすれた!

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »