2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

  • 2011627
無料ブログはココログ

« おいしい秋、 おさきィ。 | トップページ | 下校ラッシュ »

2007年9月21日 (金)

算数トランプ

どうしたら、 数や計算の土台が スー―ッと浸みこんでいくのかなあ。 たとえば、 ポケモンやムシキングの名前なら 100でも言える! なんていうように。 

それから、 60分の学習時間に変化をつけるには、 どうしたらいかなあ。 

おんなじコトを60分続けるのは、おとなでも疲れるもんです。 同じ60分の学習時間でも、 集団のうちの一人として学習するのとは違い、 マンツーマンで学習するというのは、 かなり しんどいです。  生まれてからの時間は、 10年前後。  集中力の持続時間が、 まだ短いです。 しかも、 ベンキョーするんですから。 他に何人かいたら、 隣の子にちょっかいだしたり、 ノートに落書きしたり・・・・なんて、 できるんですけどね。 

けど、 1週間に1時間(60分)だけしか 塾で学習できない、 学校の学習を補えない、と考えれば、 なんだか 時間がもったいない。 緊張してる子を リラックスさせたり、 信頼関係を築くために、  他愛ない話は しますが・・・・・。 給食の話・テレビの話・家でケンカした話・運動会の話・学校の先生の話・いろいろいろいろ・・・・・。  

気分転換になって、 学習経験にもなって・・・・・と考えて、 トランプを算数に使うことにしています。  塾を始めた頃は、 ひとパターンだったのが、 今では けっこうレパートリーが増えました。  息子の担任の先生に教えていただいたり、 子ども達といっしょに開発したり。  たとえば・・・・、 神経衰弱型。

① 順番に2枚ずつとって、 2枚の合計の多い方が勝ち。 今の時期の1年生だ と、 1~9までの札だけを使います。 ジョーカーは、0 。 2年生以上は、 野球の得点表のようなものを作って、 合計していきます。 あと5分トランプするけど、 5分でやったら 何回戦までできると思う? と聞いて、 時間感覚を意識させることも します。 これ、 たし算ですが、 2枚の差(この言葉は4年生で出てきます。)を競うとか、 積で競うとか、 割り算の余りで競うとか、 赤い♡と♢は マイナスにする(卒業前の6年生)とか、 2枚じゃなく3枚でするとか・・・・・・、 いろいろできておもしろい。  

② 順番に2まいずつとって、 合計が13になったら カードをゲットできます。 最後に、持っている カード数の多い方が勝ち。 夏休み前の1年生なら 合計が5になったら、10になったらっていうふうに 変えます。 

あと、 ババぬき型とか五十一型とか。  ま、要は 計算ですけどね。 単純でワンパターンだけど、 けっこう 子ども達は 楽しみにしているようです。 単純だけど、 私は「学習のため」を忘れて 夢中になります。 負けてアゲません。 負けたら くやしいじゃないですか。

算数は苦手だけど、 神経衰弱がメッチャ得意な子がいます。 カードの位置を すごくよく覚えてるんです。 少しぐらい位置を変えても OK。 この子には、 負けてしまいます。 すごい記憶力!!

算数の初心者には、 トランプがおススメ。 特に、 たし算・ひき算を 指折って計算してる子。 数を 順番だけでなく、 まとまった量として 目で とらえられるからです。 いや、 指折り計算はダメ というわけでは ありません。 けど、時間かかるし、 イライラするし、 今後の学習理解に不便でしょ?

万 や 億 のように大きな数が出てきたときは、 ボードゲームにしています。 ひとマス1000ずつ進むようにするんです。 作るのに時間がかかりますけどね。

一長一短に 成績は上がりませんが、 ある日 突然 蛹から蝶になるように ポカっと デキルようになったりする。 その時は、 とても嬉しい!  学習にも 経験値が要るんですね。 ある程度 経験値がたまらないと、 バージョンアップできないときって、 あるんです。

また新しいコト、 考えなくっちゃなぁ。  なによりも、 私がアキテくる。 漢字とか 読解力とか 暗記モンとか 文章問題とか、 もね。   

   

 

« おいしい秋、 おさきィ。 | トップページ | 下校ラッシュ »

こども」カテゴリの記事

コメント

くもん や 学研(くもん とは、 ちょっと違うみたいやけど)を やってる子は、 学習が速い。 特に 計算。 びっくりする。 最近は、 学習の方向(?内容)が 変わってきてるって聞くけど、 でも、 計算。  

マンツーマンじゃなくて、何人かで学習するシステムのところは、 同じような問題を何枚もやってても、 友達と力を比べることができるので、 それが励みになる。 本人たちは、大人が思うほど苦になってないのかも。  おんなじコトを何回もやることで、 不安なくレベルアップできる・・・っていうのもメリットやね。 

算数トランプー楽しそうやね それやったら子供たちも集中するのわかるわ うちの娘は低学年の時 くもん式をやってまして 同じような問題を何枚も何枚もやらされてた 今 思うとかわいそうやったね まぁ 計算だけは速くなったけど~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/8051617

この記事へのトラックバック一覧です: 算数トランプ:

« おいしい秋、 おさきィ。 | トップページ | 下校ラッシュ »