2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

  • 2011627
無料ブログはココログ

« 焦げたなあ~。 | トップページ | 皮炎平 Ⅱ »

2007年8月21日 (火)

皮炎平

3歳の時、息子は アトピー性皮膚炎に なりました。 

かゆいかゆいと 言い出して、 最初は ムヒとかメンソレとか 塗ってたんだけど、 どんどん カユイ場所が広がって。 かきむしった傷から汁(体液?)が出てくるので、手とか足とかの頃は、 包帯をまいてやってました。 カユイ場所が どんどん広がっていくもんだから、このままいくと まるでミイラになってしまう・・・と思い、 いや、 も~包帯はムダや・・・と思い、 包帯を毎日 手洗いしても このカユイのが ちょっとでも治るんかぁ~と思い、 息子はミイラ・ファッションに身をつつまずにすんだんやった。

皮膚の水分を無くさんように、風呂あがりに ベビーオイル塗ったり、馬油をぬったり。

かきむしったところからばい菌が入ることが よけいに治らない原因だと聞いて、 イソジンを薄めて 塗ったり。

刺激の低い石鹸を さがしまわったり。 家族の使ったシャンプー・リンスの流した湯が触れたらあかんかなと、 家族で 石鹸シャンプー使ったり。 もちろん台所からも 洗濯機のそばからも 洗剤というものが消えました。

つらかったのは、 昼夜かまわず ずーっと 自分のからだの あちこちを掻いている 息子の小さな手をみること。 手は2本しかないはずなのに、すごく速く動くので、千手観音の手のように 見えたこと。 

私が、 夜 眠れないのも つらかった。 睡眠不足だと、授業がうまく進まなくなる。 きっと子ども達ひとりひとりの様子をみる集中力が ダウンするからでしょう。 次の日、会議で 提案しなければならない案件があるのに、 まだレジメなどできていなかったりして、 眠りながら 掻きつずけている息子を 夜中に 怒ったことも・・・・・。 なさけなくてねぇ、自分が。 相談して、 夫と 交替して息子に付き添うことにしましたが。

あんなに忙しかったのに、30冊ぐらい本を読みました。 アレルギーとかアトピーとか書いてある本を 片っぱしから。 いやもう、 いろんな療法があるもんで・・・。

おかげで私は、 そのころ、アスベストが問題化されている、ということを知ったし(知ったところで、 どう避けようもなかったんですが)、 輸入食品や農薬・のコワサなんかも 知ることができた。 アレルギーは体の免疫と関係あるので、 癌なんかとも ある意味 共通点があること。 加工品の食品添加物や 養殖・飼育されてる魚や牛・豚・鶏が食べるエサに混ぜる薬が それを食べる私達の体(特に、内臓・卵巣・精巣)に たまっていくこと。 それで、 人によっては、 いざ病気というとき、 抗生物質などの薬が効かなくなること。 etc.  etc.

なにやっても、 ひどくなるばっかりやったんで、 最後に食事療法をすることに。 何が原因なんか、はっきりとはわからなかったはじめの頃は、 卵(魚卵も)・米・小麦・大豆・肉以外のものを 家族3人で食べました。 雑穀とか サクサク粉とか キビ醤油とか。 

5時半に起きて、 朝食つくって、 保育園に持っていく昼食を鍋に入れる。

6時半頃、保育園から帰って、息子が風呂に入ってる間に(幼児が ひとりで どんなふうに洗ってたんでしょ)、 夕食作って、とりあえず床をふく。

・・・・・・・ってもう、 あのころの生活、 今はできません。

あ、 そうや。 ‘皮炎平’や! どーしょ、 もう寝なあかん。 明日、5時起きやし。 皮炎平のことは、 やっぱし 明日 書きますー。

 

« 焦げたなあ~。 | トップページ | 皮炎平 Ⅱ »

えとせとら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/425845/7626620

この記事へのトラックバック一覧です: 皮炎平:

« 焦げたなあ~。 | トップページ | 皮炎平 Ⅱ »